学校でいじめられた9歳の少女。でも6ヶ月後、全員がおそれおののいた。

フロリダ州出身のミラ・ビゾットがジムに入るときの顔は、真剣そのものです。

Youtube/christian bizzotto

ミラは若干10歳ですが、アメリカの障害物競争の世界では、すでに名の知られているアスリートで、「バトルフロッグBFX24」と呼ばれる24時間耐久レースに史上最年少で参加した記録を持っています。

当時ミラは9歳でした。このレースは、アメリカ海軍のエリート部隊「シールズ」のトレーニングからヒントを得て解されている非常にタフな大会です。

 

A post shared by Milla Star (@millastarfma) on

健康な大人でも脱落するこの大会は、シリーズの中でも最高峰とされています。ミラは最年少で、唯一の18歳以下の参加者でした。

 

A post shared by Milla Star (@millastarfma) on

ミラのチャレンジは、大会の6ヶ月前に始まりました。それまでも父親がジムに行くときに付いて行って見学していたミラでしたが、些細なことがきっかけで学校でいじめにあうようになり、それをきっかけに本格的なトレーニンングを始めました。

 

A post shared by Milla Star (@millastarfma) on

月曜から金曜まで毎日ジムに通い、毎回3時間ほどかけてトレーニングします。とはいってもまだ子供の体、トレーナーとスポーツドクターがミラの体をしっかりとモニタリングしています。

 

A post shared by Milla Star (@millastarfma) on

瞬く間に肉体が強くなると、いじめは自然に止みました。

ミラは誰でも体に秘められた力を出すことができると証明するため、障害物レースへの参加を決めたそうです。本人は「他の子達も座ってばかりじゃなくて、自分達に特別な面があるってことに気づいてくれればと思って」とそのやる気を説明します。

Youtube/christian bizzotto

障害物競争は数多くありますが、その中でも最高峰とされる「バトルフロッグBFX24」への出場を決めました。レースは24時間かけて行われ、コースは「シールズ」のトレーニングに使われる障害が立ちはだかり、走る箇所や泳ぐエリアもあります。ミラはそれを見事完走しました。

 

A post shared by Milla Star (@millastarfma) on

9歳とは思えない運動能力です。精神力も並ならぬものでしょう。

 

A post shared by Milla Star (@millastarfma) on

こちらがミラのモチベーションビデオです。

子供にこんなハードなトレーニングをさせて児童虐待なのではないかと批判の声もあるそうですが、レースの時には医者も同行し、父親も安全には細心の注意を払っているといいます。何よりも自分で意志でやっているのだとミラは強調します。いじめがきっかけだったとは思えないくらい強くなったミラは、これからも世界中の子供そして大人たちをインスパイアしていくことでしょう。

ミラの活躍ぶりは彼女のインスタグラムからもフォローすることができます。

コメント

おすすめの記事