無事に救助され喜びを表現するロバ

イギリスのスコットランドとアイルランドの海岸地域は数年前、嵐に見舞われ、記録的な降雨量に伴う洪水を経験しました。 幸いなことに人的な被害は発生しませんでしたが、避難が間に合わなかった動物たちが一部犠牲になりました。今回の主役であるロバのマイクは、災難を生還した動物の中の一頭でした。

嵐がこの地域を直撃したとき、マイクはアイルランドのカントリー・ケリーにある牧場で放牧されていました。迫りくる水の勢いに牧場の柵が破壊され、マイクは洪水に飲まれて流されてしまったそうです。マイクは近くの川からあふれた水が池のようにたまった場所に取り残され、助けもないままに一晩を過ごすことになります。マイクが水の中に取り残されているのを飼い主が発見したのは、翌日の朝になってからでした。

深い水の中から抜け出す方法もなく、どうすればいいのか途方に暮れた飼い主は、アイルランドで動物の救助や世話を行っているアニマル・ヘブン・アニマル・レスキューという団体に連絡することを思いつきます。この団体の管理を担当しているスザンヌ・ギボンは、この要請を受けてFacebookにこう投稿しています。

「今日届いた緊急事態の通報です。キローグリンで発生した洪水により、ロバが一頭水の中に取り残されています。ボートと手助けを要請します。ロープなども必要かもしれません。どうか助けをお願いします」

救助部隊は、ほどなくして現場に到着しました。地元のボートチームでコーチも務める作業員が直ちにボートを出し、マイクが取り残されているところに向かって漕ぎ出します。チームの抜群の連携プレーのおかげで、救命具を装着されたロバは無事に救助され、ロープで引っ張られてようやく地面に助け出されたのです。

マイクは、自分の元にやってきた救助隊員たちを見て、喜びを抑えきれなかったのでしょう。救助中ずっと笑顔を見せていたそうです!

無事に助け出されたマイクには温かい食事が振る舞われ、ブランケットで濡れた体を拭いてもらって、肺炎の恐れがあるということで獣医の診察を受けることになりました。現在マイクはすっかり回復し、今では地元でも有名ロバとなりました。ドラマチックな救出劇のエピソードももちろんそうですが、テレビのインタビューを受けた際に見せた満面の笑顔が人々の心をつかんだということです。

マイクの笑顔を見ていると、こちらも知らない間に笑顔になってしまいます!マイクは皆が必死に自分の救助を行ってくれているということを理解し、そのお礼として大きなスマイルをプレゼントしたのかもしれませんね。

マイクの救助の様子を収めた動画はこちらで観ることができます(英語音声のみ)。

マイクの今後の穏やかな生活を祈っています!

出典

Faithtap

コメント

おすすめの記事