アメリカ人は、漁師にもっと儲けを拡大するように提案した。返って来た答えに、人生観をひっくり返されずにいられない。

私たちは、当たり前のように資本主義の中を生きています。家賃を払うため、必死で毎日職場へ通ってお金を稼ぎ、要らない物まで買い込んでお金を使い果たして、またお金を求めて必死に働く。 まるでお金との永遠に終わらない追いかけっこをしているかのようです。そして、そういった循環を繰り返すことで経済はどんどん発展し、私たちの国は驚くほど豊かになりました。しかし、この資本主義の当たり前の前提に疑問を投げかけるかのようなエピソードがあります。インターネットでも深いと話題になっているこの話、どうぞお楽しみください。

flickr / eduardorobles

とあるメキシコの田舎町。
海岸の小さなボートで、メキシコ人の漁師が小さな網に魚を捕っていました。
それを見たアメリカ人の旅行者は言います。

「とても生きのいい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」

と答えました。

「もっと漁をしていたら、もっと魚が捕れたんだろうね。おしいなあ」

とアメリカ人が言うと、

「いや、自分と家族が食べていくには、これで十分なんだ」

と漁師は言います。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」

とアメリカ人が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

flickr / wailysis

するとアメリカ人は、漁師に真面目な顔で言います。

「ハーバード・ビジネス・スクールで学んだ人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねます。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから?そのときは本当にすごいことになるよ」

とアメリカ人はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ!」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」 

flickr / garyullah

いかがでしたか?この話を通じて、作者が何を伝えたかったのかは定かではありません。事実、インターネットでも多くの意見が飛び交っており、その中には、「資本主義を強く批判していて痛快」というものや「資産が形成できる分、アメリカ人の言うような人生の方が安心はあるはず」というものまで様々です。

いずれにしろ、私たちの人生を違う角度から見つめるきっかけを与えてくれる深い話であることに間違いはありません。時には、お金に追われる人生から一歩身を引き、メキシコの漁師に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

コメント

おすすめの記事