幼い少女が生理用ナプキンを爆笑に変えた

子どもたちは大人とは全然違う目で世界を見ています:大人にとっては当たり前のものに対して、子どもたちは独自の解釈を持っていることがあります。 この結果、時には親を驚かせたり笑わせたりする勘違いが起こるのです。ヘイゼル・ハルスは、ある朝幼い娘の靴箱の中に生理用ナプキンを見つけ、困惑しました。娘の説明があまりにも面白かったので、母親はフェイスブックでそれを公開せずにはいられませんでした。

Facebook/Hazel Hulse

「笑い死にしそう!!!!ソフィアが学校に行く準備をしていたので、ソフィアの靴を箱から出してあげました。

私:ソフィア!!!!一体全体どうしてこんなものが靴箱の中にあるの!?

ソフィア:<うんざりした顔で>ママ、これは中敷きよ!中敷き入れたら靴がとっても履きやすくなるのよ、知らないの?おバカさんなんだから!

私:・・・

これは思いつかなかった!」

Facebook/Hazel Hulse

確かに、形は似ているかもしれません。大人には理解できないこともある子どもの想像力は、無限大です。時には子どもたちの視点になって物事を見てみるのも楽しく、大切なことかもしれませんね。

出典

LittleThings

コメント

おすすめの記事