カメラが98歳が何をやっているのかを捕らえた。世界がその真実に涙。

メアリー・トニーさんは98歳のアメリカ人です。驚くことに小さな家で一人で住んでおり、色々なことをして家で時間をつぶしています。 ただそれが暖かい初夏の日でも、心地の良い風が吹き小鳥がさえずっていても、歳のために決して屋外で活動することができません。その彼女の生活にカメラクルーが入り、どのような生活なのかを追ってみました。

Vimeo/Voyager

毎日彼女に家にバスが向かえに来て、老人向けの施設に送迎します。家ではひとりぼっちですが、施設では数時間、他の仲間と楽しいひと時を過ごせます。メアリーさんのお気に入りの時間です。

Vimeo/Voyager

施設では老人が出来るだけ楽しい時間を過ごせるように気を使っているそうです。従業員の一人は「もし明日施設に戻ってこなかったとしても、最期の一日はとても楽しかったと思ってもらえるように尽くしています。」と言います。なぜこの仕事を選んだかとの問いには「皆まだしっかり生きているんですよ。あの方達が若かった時と変わりなく。」

Vimeo/Voyager

施設を去る時、メアリーさんの目は悲しそうでした。家に戻るとまたひとりぼっちになってしまうからです。どのような心境なのかをクルーが聞いてみると、「何をすれば良いの?どこに行けば良いの?私は一人だし、目もよく見えないし、耳もよく聞こえない。姪の所にお世話になろうとも、家族の関係で無理なんです。」と悲しく諦めたように答えます。だから施設はその生活に大きな楽しみを与えてくれるのです。「また行けると思うと朝まで待てないんです。楽しくてしょうがないんですよ。でも土曜と日曜は誰もいないんです。」

Vimeo/Voyager

メアリーさんにとって週末の二日はとても長く感じられます。そのため紛らわすために「広告のチラシを切り取り、それをさらに細かく切って、ゴミ袋に入れ、最期に捨てます。」彼女は弱くしゃがれた声で「なんでも良いから、何かやっていないと頭がおかしくなりそうになるんですよ。」とこぼします。

Vimeo/Voyager

施設の従業員がメアリーの自宅を訪れ、週末にどのような生活をしているのかを見に来ました。「全然考えてもみませんでした。皆さんが帰ると私も家に帰り、自分の生活が待っています。でもひとりぼっちだったとは」と涙を流します。でもメアリーさん寂しいけれど、自分がかわいそうだとは思いません。「98歳で自分の足で歩いている人が何人います?私は大丈夫。自分の力でできる限り続けます。」

Vimeo/Voyager

皆が去る時、メアリーはずっと長いこと見送り続けます。「本当に来てくれてありがとう。素晴らしい一日でした。絶対忘れません。」と涙をこらえます。今日は久しぶりにたくさんの人が家に来てくれたので、感極まりなくなってしまったのです。

Vimeo/Voyager

週5日施設へのバス送迎サービスなどの環境は、かなり恵まれていますが、それでも家でひとりぼっちでいることは辛いことなのです。国や文化が変わっても、人の心の根本的な所は変わりませんね。若くても忘れ去られてしまうのは悲しいこと。歳をとればなおさらです。この記事をシェアすることによって、いい意味でお年寄りに気をかけることが多くなれば良いですね。

コメント

おすすめの記事