これは写真ではない、イタリア人アーティストが描く絵画が衝撃的

イタリアのミラノで活動するマルコ・グラッシは、「ハイパーリアル」の分野で今後が期待される若手アーティストです。 この絵画技法は近年注目を集めています。そのまるで写真のような、細部にわたって徹底的に描かれた作品が人々を圧倒します。

見てみてください。これが絵画だなんて本当に信じられません。

グラッシは、見るものが目を疑うほど、実物に忠実に細部を描く類稀な才能を持っています。肉体の一部が陶器でできているように見えたり、木彫りのように見えたりし、なかには洗練された模様や刺繍、レースが施されているものもあります。

「内側と外側の関係性を追求したいのです。この外側の要素は作品の命が通っていない物質の部分で表現しています」

彼の絵画の多くには、女性の体と一体化したかのように見える風景や、緻密な物質が描かれており、不思議な混成物を創り出しています。

さまざまな感触の物体と実物に忠実な肖像の組み合わせが生み出すのは、詩的で神秘的な絵画です。感情を汲み取るかのように、作品の対象となる人物の内面性を巧みに表現したグラッシの作品、みなさんはどう思いますか?

マルコの今後の活躍に期待しています。ぜひ友だちや家族にもシェアしてください!

コメント

おすすめの記事