ジョーク:金髪の女性が弁護士を手玉に取る

 飛行機の中で、弁護士の男性とブロンドの女性が隣り合って座っていました。やがて男性は女性に、暇つぶしに簡単なゲームでもしないかと誘いかけます。 女性は疲れているからとこの誘いを断りますが、弁護士はなぜか食い下がり、すごく簡単で楽しいから、と声をかけ続けます。

「こういうゲームですよ。私が質問するので、あなたが答えを知らなかったら私に5ドル払う。逆に、あなたが質問した答えを私が知らなかったら、私があなたに5ドル払う。これだけです」

 しかし、女性は頑なに誘いを断り続けます。次第に弁護士は苛立ちを隠せなくなってきました。

「わかった、それならこうしましょう。あなたが答えられなかったら5ドル、でも私が答えられなかったら100ドル払いましょう。どうですか?」

pin

 この言葉にようやく興味を示した女性は、ゲームに参加することを決めます。そこで、まずは弁護士が1問目を出しました。

「それじゃあ、地球と月の間の距離はどれくらい?」

 ブロンドの女性は質問に答えず、代わりに財布を取り出して5ドルを彼に手渡しました。

「はい、それじゃあなたの番ですよ」彼は言います。

 彼女は少し考えて、こう質問しました。

「山に登るときは3本、でも戻ってくるときには4本足。これなんだ?」

 弁護士の男性はまったく見当すらつきませんでしたが、何しろ100ドルがかかっているので何としてでも答えを探らなければなりません。彼はタブレットを手に取り、おもむろに答えをネットで探し始めました。さらに、知り合いに手当たり次第にメールを送り、答えを聞いて回ります。しかし、答えを知っている人は誰もいません。一時間後、彼はついにギブアップしました。彼は隣で眠っていたブロンドの女性を起こし、100ドルを支払います。

 彼女は「ありがとう」と一言言ってお金を受け取り、すぐにまた眠りにつこうとします。でも、居ても立ってもいられない弁護士は彼女にこう尋ねました。

「それで、答えは一体何だったんですか?」

 

すると女性は、何も言わずに財布を取り出し、彼に5ドルを支払いました。

 

pin

コメント

おすすめの記事