二人の悲惨な生い立ちのインド人少女を養子に迎えた女性

クリステン・ウィリアムズはいつの日か子供を持つことを夢見ていました。母となることへの唯一の障害として立ちはだかった問題はクリステンが独身であったということです。 アメリカでは独身者が養子を希望する場合、公式に養子縁組が認められるまでの過程は非常に困難を伴います。しかし、そんな障害もクリステンの母になりたいという想いを止めることはできませんでした。

クリステンは準備過程に28,000ドル(2017年3月現在、約311万円)を費やし、ネパールから養子を迎える手配をしました。しかし実現を目前にして母になる夢は打ち砕かれてしまいます。アメリカ合衆国政府はネパールからの養子縁組の多くが滞在許可を目的とした偽装縁組であるとの証拠を元に、ネパールからの全ての養子受け入れを禁止したためでした。

 

Una publicación compartida de Kristen (@kgrae) el

待望の娘を迎えるため、貯金の全てを養子縁組の準備に充てていたクリステンは精神的に打ちのめされました。それでも母になる夢を叶えるため、あらゆる方法を探り続けました。そして政府がインドからの養子縁組を認めていることに気づきました。

2013年、クリステンはムーニーに出会いました。

「ムーニーの顔を見た瞬間、私の心に電流が走ったかのようでした。彼女こそ、まさに私が望んでいた子供そのものでした」

当時わずか5歳にして既にムーニーの人生は大変な苦しみに満ちたものでした。元の家族から酷い虐待を受け、顔と体は痛々しい傷跡だらけでした。

 

 

 

Una publicación compartida de Kristen (@kgrae) el

ムーニーを深く愛してくれる母親の存在は彼女にとって大きな救いとなりました。しかし顔に残った傷痕はムーニーに過去のトラウマ体験を絶えず思い出させました。

ムーニーを養子に迎えて半年後、クリステンはもう一人のインド人の女の子ローパーに出会いました。ローパーの顔を見て彼女にまつわる話を聞いたクリステンは思わずドキッとしました。一度できたことなら、再度できるのではないか? クリステンは3歳のローパーを養子にすることにしました。こうして二人の養子は姉妹となったのでした。

 

These two.... Love my changuitas last day with Dr. Greg! #RoopaJoy #MunniBird #blessed #lovemakesafamily #adoptionrocks

Una publicación compartida de Kristen (@kgrae) el

ローパーにも酷い傷跡が残っており、実際に鼻のない状態でした。赤ちゃんの頃にゴミ捨て場に遺棄され、動物や虫に鼻と唇を食べられてしまったためです。そんな痛ましい過去にクリステンはショックを受けました。そうした生い立ちからローパーが愛情に飢え何よりも母性を必要としていることを理解していたクリステンはあふれる愛情を注ぎました。

 

Una publicación compartida de Kristen (@kgrae) el

2016年、クリステンは二人の娘とともにアメリカのテレビ番組「The Doctors(ドクターズ)」に出演し二人の顔の修復形成を依頼しました。切実な訴えは功を奏し、番組側は形成手術費用を負担することを了承しました。そして手術から1年後、クリステンは番組に招かれ手術の成果が公開されました。素晴らしい結果に人々は息をのみました。

ローパーが鼻を再形成する手術を受ける傍ら、ムーニーは幼少期の虐待を思い起こさせる傷跡を消す手術を受けました。ローパーに施された人工の鼻は実に自然な出来栄えでした。肌と同じような質感でローパーの素肌と全く同じ色でした。成長に合わせ、顔にフィットするように調整される予定です。

不幸にもその顔の傷跡のせいで誰からも養子に望まれなかった子供達でしたが、クリステンのおかげで第二のチャンスを掴むことができました。

 

Una publicación compartida de Kristen (@kgrae) el

クリステンは母として見事な役割を果たしています。二人の子供達は幸福な家庭を手にしました。番組からプレゼントされたディズニーワールドへの旅行は、一家にとって素晴らしい思い出となったようです。二人が過去に体験した恐怖は今となっては遠い記憶です。

現在、三人は幸せに暮らしています。修復形成手術を受けた一方で、クリステンは娘たちにありのままの自分を愛するように教えています。愛情に溢れたクリステンはインドから新たに三人目の子供を養子に迎える予定です。ローパーとムーニーに妹ができるのです。

クリステンのような愛情に溢れ手を差し伸べてくれる人の存在に救われる思いです。

コメント

おすすめの記事