ある生徒へのいじめを止めるため、教師はこの生徒の髪型を真似た

キンジー・ジョーンズは、アメリカ・ジョージア州のアネッテ・ウィン小学校で3年生の生徒を受け持つ教師です。 様々な家庭状況で育ち、エネルギーにあふれる子供たちと向き合う教師という仕事は簡単な仕事ではありませんが、キンジーはこの仕事が大好きでした。そんなキンジーは生徒から信頼され、教室はいつも明るい雰囲気でした。

だからこそキンジーは、ある日受け持ちのクラスのある少女がクラスメイトからからかわれているということを知り、大きなショックを受けたのです。

キンジーはこの少女がからかわれている理由を知ります。きっかけは最近髪型を変え、「スペース・バン」と呼ばれる大きなお団子スタイルで登校するようになったことだそうです。

90年代に流行し、最近は滅多に見かけなくなった「ダサい」ヘアスタイルにしてきたこの女の子のことを、クラスメイトは「スペース・ガール」と呼びはじめたのです。クラスでこの光景を目にしたキンジーは、子供たちに大切なことを学んで欲しいとある秘策に打って出ました。

翌日キンジーは、自分も女の子と同じヘアスタイルで現れたのです!

「私を見た瞬間、彼女はにっこり笑ったわ」キンジーはFacebookにこう綴っています。「周囲と違っていたっていい。みんなそれぞれ傑出する存在になるために生まれてきたのに、どうして同化する必要があるの?」

そしてその翌日、今度は生徒がキンジーをびっくりさせました。クラスの女の子がみんなヘアスタイルをスペース・バンにしてきたのです!

キンジーの行動から、生徒たちは人と違うということは悪いことではなく、バカにされるようなことではないということを学んだのではないでしょうか。からかいがいじめに発展する前にその芽を摘んだ素晴らしい例として、キンジーの行動は周囲の教師からも高く評価されています。キンジーのこの行動、皆さんはどう思いますか?

出典

faithtap

コメント

おすすめの記事