肝臓の一部を提供して赤ちゃんを救ったベビーシッター

ニュージャージー州在住のキルステン・マイルズ(22歳)は大学を卒業したばかりでベビーシッターのアルバイトをしていました。 3人の子供の両親であるジョージとファラのロスコ夫妻は当時、困難な状況に直面しており、優秀なベビーシッターを探していました。生後9ヶ月の末娘タリアが肝機能不全による胆管閉鎖症と診断され、初期治療の経過は思わしくなかったのです。

ロスコ夫妻がキルステンを雇った当初、キルステンがいかに素晴らしいベビーシッターであるかを知りませんでした。

家族はタリアに適合する肝臓の提供ドナーを待っている状態でした。ドナーが現れないまま、ただ時間ばかりが過ぎていく日々でした。近いうちに肝臓移植を受けなかればタリアは2歳の誕生日を迎えることができないかもしれないと担当医は両親に告げました。そのことを知ったキルステンはショックのあまり愕然としました。

キルステンがベビーシッターとして家族と関わるようになってからまだ3週間足らずでしたが、すでにキルステンは一家に、とりわけ愛らしい赤ちゃんのタリアに愛情を注いでいました。深刻な状況を理解したキルステンはある感情的な決断を下しました。自分の肝臓がタリアに適合するか検査を受けることを希望したのです。赤ちゃんの命が消えゆくかもしれないという現実にじっとしていられなかったのでした。

キルステンは熟考した上でその考えをロスコ夫妻に話しました。夫妻の驚愕は言うまでもありませんでした。

打ち明けられた当初、夫妻は心優しく若いベビーシッターが深刻な状況を理解できていないのだと受け止めていました。輸血などとはわけが違い、内臓の一部を他人のために提供するのです。長い手術時間に加え、術後の回復にも時間がかかるばかりか、その他様々なリスクが起こる可能性もあります。事態の重大性を受け入れる覚悟がなければ、適合検査ですら躊躇するも無理はありません。

しかし、キルステンが事前に徹底的に調査を重ねていたことが判明しました。自分が何をしようとしているのか、しっかり把握しており真剣でした。そこで夫妻はキルステンの肝臓提供適合検査の予約手配をしました。

検査の結果、適合が認められました。

早速、移植手術に向けて準備が始まりました。肝臓提供手術に14時間を要し、施術後1週間入院生活を送ること、約12cmの傷痕が残るであろうことが予想されましたが、キルステンにとって幼いタリアの命を救うためであれば小さな犠牲にすぎませんでした。ためらうことなく、キルステンは提供手術を受け、タリアとキルステン双方ともに手術は無事成功し、順調に回復しつつあります。

現在生後16ヶ月のタリアとキルステンの健康状態は良好です。

大きな自己犠牲をも厭わない寛大な行動によって、キルステンは一つの命だけでなく一家全体を救ったのでした。キルステンの勇気ある決断は見事ですね。今後もキルステンとロスコ一家の未来が明るいものでありますように。

コメント

おすすめの記事