「大切なのは魂」顔面のみに早老症を抱えるロシア人女性

短いスカート、風になびく長い髪、スリムな体.... その後ろ姿はいたって普通のロシアの若い女性です。 しかしこの女性が振り向くと、多くの人は驚きを隠せません。

21年前、イリナ・ネジェンストバはある日娘のカティアの顔に皺ができたことに気がつきました。その皺は次第に深くなり、日に日にではなく、数時間のうちにカティアの顔はまるで老人のようになってしまったのです。医師は、カティアをプロジェリア症候群(早老症)と診断、あと1年生きられるかどうかは分からないことを母親に告げました。

そんな中、イリナの夫はこの状況に耐えられず、若い妻と幼い娘を残して家を出て行ってしまいました。最後に夫がイレナに残していったのは、「こんな子ども僕は耐えられない」という言葉でした。

YouTube

イレナは娘に残された時間を幸せなものにしようと、毎日が最後の日であるかのようにカティアに愛情を注ぎました。

YouTube

しかし、カティアは医師の予想に反して成長し続けました。その後判明したのは、カティアの早老症が影響しているのが顔面と一部の皮膚のみで、内蔵、筋肉、骨などはいたって健康だということでした。体は幼い子ども、しかし顔は老いた女性のようなカティアの特殊な容姿に多くの人々は驚きを隠せませんでした。事情を知らない周りの人々や子どもにいじめられることも多く、「おばあちゃん、どうしてミニスカートを着るの?」「どうして子どものふりをしてるのばあちゃん」といった心ない言葉に幼い頃のカティアはよく泣かされていたそうです。

YouTube

学校に通い始めて間もなく、カティアは自分が他の子どもたちとは違っていることに気がつき始めます。

「学校で初めて自分が他の子と違うことが分かった。振り向くたびに誰かが私のことを怖がった。こんな仕打ちを受けるために私が一体何をしたの?ってよく考えたわ。でも私は容姿じゃなくて、知識、愛嬌、優しさでこの人たちに勝つことができればいいと思えるようになっていった。人にとって最も大切なのは魂だと信じていたから」

YouTube

カティアはそれを実践しました。すると周りも彼女の頑張りに反応し始め、いつの間にかカティアはクラスの人気者になっていました。カティアを罵る生徒が入れば、周りの仲間たちが必ず彼女をかばってくれるようになります。

「自分を受け入れ、自分を愛すことを覚えた。考えてみて、私みたいな人は世界に20しかいないのよ!それってすごく特別なことだとじゃない!」

YouTube

彼女の明るさは人を圧倒します。若い女性へと成長したカティアがこちらです。これからの目標も、明るく幸せに生きることだといいます。

OK

カティアから溢れ出す魅力に惹かれたのは、友人だけではありませんでした。

OK

カティアの夫のデニスもまた、彼女に心を奪われたひとりです。二人の出逢いは、デニスが間違い電話をかけてきたことがきっかけでした。少し変わった、運命的な出逢いを果たした二人は交際を経て、結婚。ウェディング写真の中のカティアは本当に幸せなそうなステキな笑顔を見せています。

VK

さらに幸せなニュースは続きました。結婚式直後、カティアが第一子を妊娠していることが分かったのです。原因が分かっていない病気を抱えながら子どもを生むことに対して批判もされましたが、デニスとカティアの心は決まっていました。そして9 か月後、息子が誕生しました。

OK

OK

「辛いことも、自信があったから乗り越えることができたと思っている。私と夫は、大きなご褒美をもらえたのかもしれない。これ以上、嬉しいことなんてないと思う」

幸せになる権利は誰にでもあり、それは辛い病気でさえ奪うことはできない。カティアのストーリーはこの大切なことを教えてくれるようです。

コメント

おすすめの記事