闘病生活を送る妻のそばを片時も離れようとしない夫

ジョン・ニューマンは病めるときも健やかなるときも側にいることを妻マーシーに約束しました。 2016年10月、妻が甲状腺ガンを宣告されるとこの誓いはジョンにとってこれまで以上に重要なものとなりました。放射線治療の後、マーシーの免疫機能は極めて低下したため、感染を避けるため完全な隔離状態に置かれました。しかし出来る限り妻を近くで支えようとするジョンの想いを止めることはできなかったようです。

この夫婦の絆の瞬間を二人の17歳の娘マッケンナが撮影し、Twitterに投稿しました。

 「ジョンは毎回の医師の検診や血液テスト、手術や放射線治療、どれも欠かすことなく常に一緒に同伴してくれました。これ以上にできないほどに近く寄り添ってくれました」とマーシー。

夫と家族からの深い愛情はマーシーにガンとの辛い闘病生活を続ける力を与えてくれるそうです。

出典

Faith It 

コメント

おすすめの記事