見事なカモフラージュ、イタリア人アーティトによるボディペイント作品

スイス国境の南チロル地方の音楽家の家系に生まれたイタリア人のヨハネス・ストッターは、幼い頃から芸術に親しみ、自らもその世界へと進みました。 音楽家でもある彼ですが、その存在を世界に強く印象づけることになったのは動物や植物などの自然世界をモチーフにしたユニークな絵画作品です。ヨハネスは自然界の色や形を再現する土台として、ある特殊なキャンバスを使用します。それは、「人体」です。

Photo: Joachim Bergauer

Pubblicato da Johannes Stötter su Sabato 25 giugno 2016

背景に合わせてモデルの身体に巧妙なボディペイントを施すヨハネスの作品は、制作プランを練るのに数ヶ月、仕上げるのに半日近くを要します。結果は驚くべきカモフラージュ。人体は背景の景色や物と完全に同化し、一瞬そこに人がいることがわからなくなるほどです。思わず目を凝らしてしまう、彼の作品をご覧ください。

 

Una foto pubblicata da Store Of History (@history.store) in data:

 

 

Una foto pubblicata da Annie Lombardi (@umadesigns) in data:

 

 

Una foto pubblicata da Ale Lpz (@alita2990) in data:

 

 

Una foto pubblicata da M.I.N (@mivannurjian) in data:

ヨハネスはこの作品群で、2012年ボディペイント世界選手権で優勝を獲得しています。

 

Una foto pubblicata da @nyc.kitty in data:

 

 

 

Una foto pubblicata da He calls me Baby. (@anna.barendregt) in data:

こちらは、一頭のオオカミが3人のモデルに分解される様子を捉えた動画です。

 

Un video pubblicato da demedidemeyin.com (@ozlemgokbel) in data:

その他の作品は、アーティストのホームページでもご覧いただけます。

いかがでしたか?人体のキャンバスが織りなす錯覚が、なんとも不思議ですね。 

コメント

おすすめの記事