『きなことじいじ』一匹の猫がじいじの人生を180度変えた

東京出身の写真家、デュポン洸子(Akiko DuPont)さんはカメラの使い方がわからない頃から、おじいちゃんの「じいじ」の写真を撮り続けてきました。

じいじは頑固で気難しいところがあるものの、我慢強く、誠実で家族思い。終戦から64年間、高齢になっても毎日オフィスに通い続けていたほど快活な人だったそうです。しかし2009年に体調を崩して入院して以来、家に籠りがちに。物事に興味を失い、どんどん不機嫌に、頑なになっていくじいじを家族は心配していました。

洸子さんが子猫の「きなこ」を家に連れてきたのは、ちょうどその頃でした。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

洸子さんは友人から引き取ったきなこを、初めは家族に無断でこっそりと自分の部屋だけで飼っていました。そのきなこをある日ふと部屋を覗きに来たじいじが発見。

それは、一目惚れの瞬間でした。

そのときのじいじの輝くような表情を見て、洸子さんはふたりの記録を撮り始めたいと思ったそうです。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

元々猫嫌いだったはずのじいじはそれから毎日洸子さんの部屋にきなこの様子を覗きにくるようになり、少し臆病な性格のきなこも徐々にじいじに心を許していきます。ふたりが打ち解けるまでに、そう時間はかかりませんでした。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

きなこと毎日を過すようになり、じいじの表情も日を追うごとに穏やかになっていきました。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

新たな親友の登場でじいじの生活に笑いと活気が戻ってきたのです。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

親友同士となったふたりの穏やかな毎日を洸子さんは写真に収めていきました。

 きなこは、いつもじいじの側にいます。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

じいじの日課である新聞の切り抜きを邪魔したり....

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

横で寝たり.....

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

食卓で並んでみたり.....

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

ときには、はしゃぎすぎ.....

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

遊び疲れて眠ってしまうことも。

 

Akiko DuPontさん(@akikodupont)がシェアした投稿 -

しかしいつもべったりというわけではなく、お互いのスペースや時間を尊重する関係です。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

お昼寝のポーズにも仲の良さが表れています。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

ふたりがこれほど仲良くなるとは、家族も想像していなかったことだといいます。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

きなこの登場でじいじに再び訪れた幸せな日々はまた、家族全員を穏やかな気持ちにしてくれるものでした。

 

Always together ☺ #じいじ追っかけ #KinakoTheCat

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

ふたりの間には人間と動物の垣根を越えた絆が存在しているようですね。

 

A post shared by Akiko DuPont (@akikodupont) on

 

病気をしてから元気を失っていたじいじの心を、ほぐしてくれたきなこ。ふたりの姿を捉えた美しい写真を見ていると、心地よく、温かな感情が沸いてきます。

コメント

おすすめの記事