クレイジー!ボーイフレンドに2時間おきにオッパイをあげるため、女性は仕事を辞めた

恋人がお互いに愛情を表す手段としては、例えば柔らかいキス、優しい愛撫、情熱的な抱擁などがありますよね。 しかし、アメリカ・アトランタ州に住むジェニファー・マルフォードとそのボーイフレンドのブラッド・リーソンにとっては、どうやら状況は少々異なるようです。彼らの関係は相当に不思議なものです。愛情表現の一つの手段として、ジェニファーは2時間おきにブラッドに対して、なんとオッパイをあげるのです!

「オッパイをあげるっていう行為は、男性と女性との間で実現しうるごく自然の愛情表現だと思うわ。彼にとっては、オッパイを吸っているときが最もリラックスできる時間なのよ。他の何よりもね」ジェニファーは話します。彼女はこれまで、このような類の行動に興味を持っている男性と出会ったとき、それは彼女がついに一生を共に過ごすことのできるパートナーに出会うということなのだと考えていたそうです。


ジェニファーは、自分の好みの男性をずっと探していました。授乳行為が好きでたまらないという男性を求めていた彼女は、最終的にブラッドと出会うことができたとき、本当に喜んだそうです。一方彼氏にとっては、この行為は2つの面でメリットがあるようです。まずは当然ながら彼女との親密さを感じられること、そしてもう一つはボディービルダーでもある彼にとって筋肉増強にもつながるプロテインを効率的に摂取することができる、という点です。

YouTube/Hollywood Scanner

ジェニファーは20年前に出産を経験しており、それ以降は妊娠しているわけでもないため、通常の状態では母乳は出ません。しかし、女性は乳首を頻繁に刺激されることで、妊娠したことがない人でも母乳が出るようになるのだそうです。この現象は「誘起泌乳」と呼ばれています。

しかし、定期的な刺激を維持して母乳を出し続けるため、ジェニファーとブラッドはおよそ23時間おきに母乳タイムを取る必要があるのだそうです。当時バーテンダーとして働いていたジェニファーにとってはこれは不可能でした。そのため、彼女はごくシンプルな解決法を編み出します。なんと、彼女は仕事を辞めてしまったのです!

彼女は毎日2時間おきにブラッドにオッパイをあげることができるようになり、その合間で一部の上顧客に対してのみバーテンダーの仕事を続けているそうです。 

ほとんどの人にとっては、ジェニファーとブラッドの関係性は理解しがたく、場合によっては正直下品だと考える人もいるかもしれません。そもそもこういった愛情表現については2人だけが楽しむもので、他人に見せるようなものではないはず。

この2人の場合はお互いにこの関係が幸せなのであり、他の方法では同じような喜びは得られないということのようです。まさに幸せの形は人それぞれですね! あなたはどう思いますか?

出典

YouTube, cronica

コメント

おすすめの記事