【閲覧注意】偽物か確かめるためiPhoneのバッテリーを噛んでみた。1秒後彼に信じられない事が起こる。

昨年、Apple社が古い機種のバッテリー劣化に対応するためiPhoneのデータ速度を意図的に落としていたという事実がニュースになりました。今回皆さんにご紹介する男性も、そんなニュースを聞きつけて愛用していたiPhoneのバッテリーを交換するため修理に出します。修理から戻ってきたiPhoneを引き取りに行き、新しく装填されたバッテリーが本当にリチウムイオンバッテリーか確かめるため、男性はある驚きの行動に出ます。

Youtube/9to5Mac

なんと、バッテリーを噛み始めたのです。すると男性のこの行為は想像を絶する悲劇を生みます

Youtube/ 9to5Mac

端末が大爆発しました!画像を見る限り、噛み付いた後少し体から離したところで爆発が起きたため男性は一命を取り留めます。

Flickr/WilliamHook

実は男性がこのiPhoneのバッテリーを噛んだのには正当な理由がありました。実は最近中国でiPhoneの純正品を装った偽物のバッテリーが流通しているそうで、男性は自分のiPhoneに埋め込まれたバッテリーが偽物か確かめるため噛んだとのことです。

Flickr/MartinAlvarezEspinar

噛んで本物かどうか分かるとは到底思えませんが、さすがにそれだけで爆発したという事はこのバッテリーは純正ではなかったのでしょう。Apple社は現在バッテリーの交換を通常の60%の値段で行なっています。このサービスは201812月末まで利用可能とのことですので、バッテリー寿命にお悩みの方はぜひご利用ください。動画はこちらからご覧いただけます。

コメント

おすすめの記事