電話に出なかったら息子を殺すと夫を脅す女性

母親が小さな子供と一緒にいると聞くと、赤ん坊の世話をし、一緒に遊ぶ母親の姿を想像するのではないでしょうか。母親のほとんどは子供にとってそうした存在だからです。しかし、そうではない状況を耳にすることは多々あります。残念ながら、親として子供と一緒にいるべきでない人間が確かにいるのです。

注意: 映像には刺激の強い描写が含まれています。

タイに住むナルモン・ジャンパセットは28歳の母親です。最近、夫が浮気をしているのではないかと疑っていました。疑惑を確かめるためナルモンは、夫がこの世で最も愛するあるものを利用して直接問いただすことにしました。そう、息子です。

ある日、32歳のナルモンの夫ジャクリット・サイスーパンは、いつもよりも帰りが遅く、ナルモンからの電話に出ませんでした。いくらかけても電話に出ない夫に業を煮やしたナルモンは、なんと1歳になったばかりの我が子の首にひもをかけ、その様子を携帯電話で動画撮影し始めたのです。 

無抵抗な子供を乱暴にベッドの上に座らせると、夫に向かって怒りに任せ怒鳴り散らします。「いい?もしあんたが今他の人のことを考えているんなら…これはあんたの息子よ。そしてこれはロープ。ほら見てなさい。まだこの子は死んでないわ。まだ私が殺してないからね。でも、すぐに殺すわよ。帰ってきて彼を助けに来ないと、今日これから起こることを目撃することになるわ。ほら、電話に出なさいよ!」

この衝撃的な動画はこちらで観ることができます。

この恐ろしい動画を観た瞬間、ジャクリットはすぐに母親と姉に共有。母親と姉がこの動画をすぐにSNSに投稿して警察の注意を引きました。やがて現場のアパートに到着した警察官はナルモンを逮捕し、男の子の無事を確認、幸いなことに後遺症となるような怪我はなかったそうです。

しかし、心理的にはどの程度の後遺症があるのか現段階ではまだわかりません。この事件でナルモンは息子の養育権を失い、服役することになるかもしれません。メディアのインタビューを受けたナルモンは、涙ながらにこう話します。「私はただ夫を傷つけたかっただけ。それで、赤ちゃんに手をかけたの」

現在裁判所では、ナルモンが子供を育てるのにふさわしい人間かどうか慎重に協議しているといいます。たとえどのような結果が出たとしても、この男の子がもう二度とこんな虐待を受けることがないよう祈るのみです。

 

コメント

おすすめの記事