ガーデニングを始めた日、腐葉土の中に親友を発見するなんて思ってもみなかった。

かわいいストーリーです。園芸を初めてみようと思い立った男性、さっそくシャベル、手袋、大きな袋にはいった腐葉土を園芸ショップで購入しました。 しかし腐葉土の袋を開けてみたところ、中から思いがけないものが出てきました。それは、小さなリスの赤ちゃんでした。

リスの赤ちゃんは、今にも死んでしまいそうなほど弱っていました。どうして紛れ込んでしまったのか?よくあることなのか?園芸初心者の男性には分かりませんでしたが、彼はこの孤児になってしまったリスを看病することに決めました。そして「ジップ」と名付けました。

Imgur

ジップは順調に回復し、成長していきました。1週間後には、毛が生え始めました。

Imgur

2週目。やっとリスっぽくなってきました。しかしまだまだ赤ちゃん。体は弱く、持ち上げるときは細心の注意が必要でした。

Imgur

3週目。しっぽにもすっかり毛が生えました。体力もつき、この頃から体をよく動かすようになります。 

Imgur

4週〜5週目。目が開いてきました。可愛いですね。

Imgur

6週目。パパに掴まろうとしています。しかしまだ自分で歩き回れるほど力がありません。

Imgur

ジップはその後、立派な雄リスに成長しました。

Imgur

食欲も旺盛。

Imgur

最近の好物は、ブルーベリーだそうです。

Imgur

園芸ショップの土の袋から救出されたことなんて、きっと知らないジップ。でも、すっかり元気になって本当によかったです!

Imgur

リスの赤ちゃん、初めて見た方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんジップの可愛さにとろけそう!動物好きには、たまらないかわいさですね。

コメント

おすすめの記事