SNS上のいいね数欲しさに、娘をビルの屋上からぶら下げた父親が刑事告訴される

注意:記事にはショッキングな画像・動画が含まれています。

ロシア出身のロマン・アファナシエフ(31歳)は、2児の父親でありながら親としての責任と自覚を全く持ち合わせていない人物であることは確かでしょう。彼がネットに投稿した一連の画像と動画が、今ロシア国内で醜聞を巻き起こしています。

アファナシエフは数年前から自らアドレナリン中毒者と称して走行中の車の上に乗る、崖から飛び降りるといった一歩間違えれば死につながってしまうような危険行為を捉えた画像や動画を投稿して自身のSNSページのファン数を増やしてきました。しかしアファナシエフが望んていたほどファン数は伸びなかったようです。

そしてページへのいいね数欲しさに、アファナシエフはあるとんでもないアイディアを思いつきます。それは、まだ赤ん坊の娘を自分の「作品」に登場させるというものでした。

「別の視点から見る世界」と題された上の画像では、アファナシエフが逆さにした赤ん坊の足を掴み、ビルの屋上の端からぶら下げている姿が捉えられています。赤ん坊が実際に彼の娘なのか人形なのかは定かではないものの、この写真が多くの反感を誘ったことは言うまでもありません。

さらに凶行はエスカレートしていきます。こちらの動画では、アファナシエフと思われる男性が赤ん坊を車の運転席の外に突き出した状態で車を走行している様子が捉えられています。

常軌を逸した、思わず息を呑んでしまうような衝撃映像です。

事故でも起これば死んでしまうかもしれないほどの危険に子供をさらしてまで、アファナシエフが獲得したかった注目とは一体何なのでしょうか。

その後、動画を転載した人物の呼びかけや通報がきっかけで警察が介入、アファナシエフのSNSページは強制閉鎖されています。さらに彼は親権を失い、すでに刑事告訴されたとの情報もあります。人形を使っていたとしても、面白半分でこのような悪趣味な動画を作るような人物に子供の世話と教育全般を安心して任せられるとは思いません。正しい裁きを願うばかりです。

コメント

おすすめの記事