不気味と呼ばれた女子高生「Saya」にアップデート

昨年からネットで話題になっている女子高生を紹介します。名前は「Saya」。整った顔をした美しい女の子です。ボブヘアーが可愛らしく、目は茶色くて、ハーフかクォーターの新人アイドルかしら?と思っていたら、残念なことに彼女はこの世に実在しないことが判明しました。

彼女、実はとてもリアルに描かれたCGなんです。「Saya」は、東京を拠点に活動する3DCGアーティストの石川晃之さん・石川友香さん(@moyayuka)夫妻が自主制作ムービーのために作成中のCGキャラクターだそうです。髪の毛や肌の質感といい、本物としか思えません!

Twitterで公開された「Saya」は昨年ネットで大きな話題となり、「実写かと思った」「ヤバい」「こんなリアルなのは初めて見た」と国内外で反響を呼びおこしました。

今年はさらに、リアルさが増したSayaが公開されています。こちらをご覧下さい。

本物と間違う人が続出するのも無理ありません。更に大きな「Saya」の画像は、石川夫妻のホームページで見ることができます。

ところで、外見と動作が「人間にきわめて近い」ロボットと「人間と全く同じ」ロボットによって引き起こされる嫌悪感の差を「不気味の谷」と言うそうです。人は、ロボットの外観や動作が人間らしくなればなるほど好感を覚え、ある時点で突然強い嫌悪感を抱き、人間と全く同じになると再び好感を抱くとされています。「Saya」はこの「不気味の谷」を超えることができたのではないでしょうか。

この3DCG技術にあなたも驚いたなら、友達にシェアしてください。まずはCGであることに気がつくかどうか、試してみましょう!こんなキャラクターが登場するゲームがあったら、ハマってしまいそうですね。

コメント

おすすめの記事