特別な日に妻の浮気を暴く夫

妻が浮気していることに感づいた男性は、最高?の復讐方法を思いつきます。

「妻が浮気しているのは確実でした。浮気のサインはいたるところにありました。携帯をいじっているときはいつも笑っていて、それでもメールは母親に送っていると言っていました。仕事から帰宅するのが毎日夜遅く、妻の会社に電話し、何時間も前に会社を出たと言われたこともありました。

stocksnap/Denis Gavrilenco

「最後の一撃は、午後11時半に『牛乳を買いに行く』と言って家を出て、帰ってきたのが午前2時だったときでした。

Pixabay/jgarma

「私が経験から言えることは、もし配偶者の浮気を疑っているなら、個人探偵を雇った方がいいということです。探偵なら間違いなく、離婚手続きの間に必要となる大切な証拠を手に入れることができます。

さて、それから数ヶ月後、妻の誕生日に起こった出来事についてお話しします。

stocksnap/Dariusz Sankowski

「妻の浮気を暴くのになぜ数ヶ月も待ったのか、不思議に思う人もいるでしょう。理由はいたってシンプルで、疑いの余地を残さないほど十分な浮気の証拠を集めて弁護士に提出したかったためです。新居を探す必要もありました。

妻の誕生日まで待ったのは、その日、たまたま機が熟したということでしょう。

誕生日に何がしたいかと聞いたとき、妻は今年は歳をとったことをあえて実感したくないと言い、私には週末を友人とどこかで過ごしたらと言いました。本人は週末も仕事をして、誕生日のことなんて考えないようにすると言うのです。

stocksnap/Leeroy

「そのとき、やるべきことをしなければいけないと決心しました。数日後、クローゼットに隠されたシャンパンと2つのグラスを発見し、妻が誕生日に何をしようとしているのかを知りました。そして私は、週末を郊外で過ごすと妻に伝え、友人宅に向かったのです。

そして友人宅で計画を実行に移しました。妻の両親、姉、たくさんの妻の友人を、私が企画する『サプライズ誕生日パーティ』に招待したのです。

stocksnap/Brooke Lark

アパートの前で朝8時半に待ち合わせをしました。妻の母親はケーキを抱えていました。エレベーターに乗り、部屋のある階に着くとみんなが興奮しながら物音を立てないように気をつけながら、アパートにそっと入って寝室へと向かいました。

そしてドアを開けて全員一斉に、『サプライズ!』と叫びました。

しかし、驚かされたのは(私以外の)私たちの方でした。真っ裸の妻と愛人がベッドに寝転がっていたのですから!一瞬全員が静まり返ったと思いきや、花火を打ち上げたような大騒ぎが始まりました。

stocksnap/Milada Vigerova

「妻の母親の手からはケーキが落ち、姉は叫び、父親は怒鳴り始めました。私はショックを受けたフリをしていました。妻の友人たちは衝撃の面持ちの私を気遣って妻と愛人にきつい言葉を浴びせつつ、私を恐ろしい現場から遠ざけようと部屋の外に連れ出しました。妻は(今では元妻ですが)泣き叫び始めました。その間、妻の愛人はどうにかパンツをはいて、できるだけ早く現場から逃げようと必死でした。

言うまでもなく、これは今まで人にあげた誕生日プレゼントの中で最高のものでした」

このストーリーが本当かどうかは議論の余地がありますが、それでもとにかく強烈な復讐の物語です!

出典

elitereaders

コメント

おすすめの記事