この30歳女性は体のさまざまな部分を取り除いてこの姿になった。変化にショック!

ヴァレリア・リカノヴァは、30歳のウクライナ人の女性です。驚くべき整形手術を受けた彼女は、残りの人生をお気に入りのオモチャの人形ような姿で暮らし続けることを決心しました。 これが手術前のヴァレリアです:

pin

ヴァレリアは、多くの女性たちが羨む程のプロポーションを持つ美しい女性でした。彼女は、ミスワールド・コンテストの優勝経験者でもあります。

pin

大学では建築を勉強し、人にも好かれ、友達も多かったヴァレリアでしたが、いつもどこか自分に満足していなかったようです。

そして、ずっと心の中で温めてきた計画を実行に移しました。ヴァレリアは、「生きた」バービーになることを決めたのです。

顔にメスを入れ、肋骨を数本取り除き、胸に詰め物を入れました。目標は、できるだけ人形に近づくことでした。

どちらがヴァレリアかバービー人形なのか、よく分からない写真もあります。

その細すぎるウェイストラインには「病的だ」と批判の声が相次ぎました。

pin

ヴァレリアはそんなこと言われても気にしません。全ては嫉妬心からくる批判だと思い込んでいる彼女には、心配の声も届いていないのかもしれません。

pin

ヴァレリアのビフォーとアフターを見て、あなたはどちらが美しいと感じますか?

pin

記憶に残りそうな人物です。人から何を言われようと、有名になる目標はとりあえず達成できたのでしょうが、これからの彼女が心配です。

コメント

おすすめの記事