瀕死の赤ちゃんを救ったバイク乗り達 ペルーで実際に起きた感動の実話

ペルーのロレト州にあるコンタマナは、ジャングル奥地にある小さな町です。2013年4月、ロレト州ウカヤリ郡コンタマナの女性、メリータ・ムリエタ・バジェスが、難産の末女の赤ちゃんを出産しました。しかし、産まれたばかりの赤ちゃんは羊水を飲んでしまい呼吸ができず危険な状態に。人口2万6000人のコンタマナの病院には救急設備がなく、別の病院病院へ急遽移送しなければ助からないという状況でした。

しかし、既に日が落ち地元の空港は閉まっていました。滑走路には照明設備がなく夜間の離陸は危険....。一刻を争う事態の中、町の人々がある奇跡を起こします。

放送を通じてコンタマナ全域のモトタクシー(三輪タクシー)の運転手たちに呼びかけたのは、地元ラジオ局のFerozでパーソナリティを務めるアドルフォ・ロボさんでした。「今すぐ集まってください!」という彼の呼びかけに、300台におよぶモトタクシーやバイクが空港に集結しました。おかげで生まれたばかりの赤ちゃんは、命を取り留めることができました。大きな問題があっても、多くの人が協力すれば解決することがあるんです。

このショートムービー「El Perú tiene corazón (心優しきペルー)」は、実際に起きた話に基づき、本田技研工業株式会社 (Honda)が制作したものです。町全体が滑走路を照らし人命救助したというこの明るいニュースには、当時多くの人々を感動させました。人には、困った人を助けたいという心が備わっていることをこれからも信じていきたいと思わせてくれる、素晴らしい物語です。

出典

 

 

コメント

おすすめの記事