お父さんにどうしても休みを取ってほしい女の子に、上司が解答した。

日本人は働きすぎだとよく言われますが、休暇をしっかり取っているイメージのある海外でもプライベートよりも会社の都合を優先せざるをえない立場にある人はたくさんいるようです。 でも家族の誕生日や記念日、お祝い事など後回しにしてしまった大切な時間は2度と戻ってきません。この大切なことを幼いケイティはよく知っているようです。

ケイティの父親は検索エンジン最大手のGoogleで働いています。いつも忙しい父親の誕生日を家族で祝いたいと、ケイティは父親の上司に向けて手紙を書きました。人生には仕事よりも大切なものがあるとしっかり強調しています。

Pinterest

「Googleで働いている人へ

パパが会社に行ったら、1日お休みできるようにしてください。例えば水曜日に。パパは土曜日しか休みがありません。

ケイティより

P.S. 水曜日はパパの誕生日なんです。

P.P.S. それに夏だし」

この可愛いお願いの手紙を受け取った父親の上司のダニエル・シプラコフは、下の手紙で返答しました。手紙を書きつつ笑顔にならざるをえなかったでしょうね。

Pinterest

「ケイティへ

思慮に富んだメッセージとリクエストをありがとうございます。

あなたのお父さんはGoogleと世界中の何百万という人々のために、たくさんの素晴らしい画期的なものを一生懸命に開発しています。

お父さんのお誕生日ということと、それから夏場の水曜日の休暇の重要性を考慮して、お父さんに7月の第1週丸ごと休暇をあげることにしました。

楽しんで!

ダニエル・シプラコフ」

Pixabay/sarahbernier3140

こうしてケイティは見事お父さんの休暇を勝ち取ったのです。しかもたった1日じゃなくて丸ごと1週間も!こんなに優しくて賢い娘と過ごす時間が増えて良かったですね。一生思い出に残る誕生日になったことでしょう。

出典

inspiremore

コメント

おすすめの記事