目が語る、報道写真たち

スマホが普及し、おもしろい自撮り写真や食べ物、犬猫の写真がネットで氾濫する現在に私たちは暮らしています。 しかし今回は面白いものや可愛いものからは焦点をずらし、貴重な瞬間を瞬間を撮らえた報道写真を紹介します。被写体となった人々の目に注目してください。

グエン・ティ・リ ーは、ベトナム戦争時にアメリカ軍が使用した枯葉剤の影響で障がいを持って生まれてきた、撮影当時9歳の少女です。枯葉剤には、450万人のベトナム人と250万人のアメリカ兵が影響を受けました。

Imgur/Flamuchz

1985年、コロンビアのネバドデルルイス火山が噴火。火砕流などの熱によって山頂部の雪や氷が溶けて火山を水源とする4つの河川を流れ下り、約2万5000名の死者を出す大災害となりました。コロンビアのアルメロ市に住んでいた当時13歳の少女、オマイラ・サンチェズが首と手だけを水上に出た状態で救助を待つ様子が世界中に報道されました。救助の試みもむなしく、寒さと怪我のために力尽きたオマイラは、それから3日後に死去。息を引き取った彼女が水の中に沈んでゆく映像が人々の涙を誘いました。

Imgur/Flamuchz

彼を貧困から救ってくれた音楽の先生の葬式で演奏する少年、ディエゴ・フラザオ・トルクアトハ。

Imgur/Rinnzzle

北朝鮮と韓国の間で離ればなれになった兄弟の、再会後の別れの時。

Imgur/Rinnzzler

カメラマンがユダヤ人だということに気付いたナチスドイツの国民啓蒙・宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッペルスの険しい表情。

Imgur/Flamuchz

「子犬を抱いた少年兵」として知られるこの写真が撮られたとき、荒木幸雄さんはわずか17歳でした。翌日早朝、彼は特攻隊員として出撃し、戦死しました。家族に公式に通知されたのは、終戦後の1945年の12月半ば過ぎだったそうです。

Imgur/Flamuchz

虐殺を逃れた、ルワンダの少年とその傷。

Imgur/Rinnzzler

1945年4月、強制収容所行きの列車から連合軍によって解放されるユダヤ人たち。

Imgur/Flamuchz

極度の貧困にさらされるインド・デリーの子ども。

Imgur/Flamuchz

パプアニューギニア・ジャヤプラの市場で行なわれた、コンドームの使用方法についての講習。

Imgur/Rinnzzler

1984年の飛行で宇宙を訪れた初めての「母親」となったアナ・フィッシャー。

Twitter/Robert J. Szczerba

1989年4月15日、イングランド・シェフィールドのヒルズボロ・スタジアムで行われた、サッカー・FAカップ準決勝のリヴァプール対ノッティンガム・フォレスト戦。観客が観戦する中、群衆事故が発生。「ヒルズボロの悲劇」と呼ばれるこの事故で、766人が負傷し、96人が死亡しました。

Imgur/Flamuchz

1916年9月、毒ガスや戦車が初めて実践で使われた第一次世界大戦、フレールの戦闘で「ノイローゼ」状態となった兵士。

Imgur/Flamuchz

広島に投下された原爆によって目を焼かれた少女。

Imgur/Flamuchz

ウクライナの都市ヴィーンヌィツャで、ドイツ軍兵士によって殺害されるユダヤ人。これは個人写真で、横には「1941年、ヴィーンヌィツャ最後のユダヤ人を撃とうとする展開軍団Dの兵士を写す、彼は自分が埋められる屍体の詰まった穴の前に跪く」と書かれていました。ヴィーンヌィツャとその周辺では約2万8千人のユダヤ人が殺害されました。

Imgur/Flamuchz

「サファイア色の目の少年 」と呼ばれるこの写真は、初めて紹介されたとき加工されたものではないかと疑われました。彼は白子症(アルビノ)に目だけが影響されています。最近の進化生物学の研究では、欧州人も従来考えられていたよりはるかに最近まで黒い肌をしていたのではないかとの説が出てきています。

Imgur/Flamuchz

72時間のミッションを終えたアメリカ軍アントニオ・メトルッチオ伍長は、「1000ヤード(約900メートル)の凝視」と呼ばれる状態にあります。「凍りつき」反応とも言われ、時間の流れが遅くなり、恐怖や痛みが減少した状態とされています。

Imgur/Flamuchz

エリザベス・エックフォードは1957年、初登校日に悪意の群衆に取り囲まれた15歳の少女です。彼女は、それまで白人生徒しか認められていなかったリトルロック高校で初めて受け入れられた9人の黒人生徒のうちの一人です。

Imgur/Flamuchz

シリアの反乱軍のアハメドは撮影当時8歳でした。AK-47を持ち、タバコをふかしています。

Imgur/Flamuchz

アフガニスタンで負傷したデンマーク人兵士。額に書かれた5の数字は、彼が5時に圧迫包帯を受けたことを示しています。

Imgur/Flamuchz

アメリカ史上もっとも残忍とされる連続殺人事件の犯の一人、テッド・バンディ。女性を誘惑しバールで打ちのめして殺害した後、レイプしてから体をバラバラにするよう手口で40人を殺したことを認めました。

Imgur/Flamuchz

ゲシュタポと武装SSを指揮するハインリッヒ・ヒムラーを凝視するソビエト軍捕虜。

Imgur/Flamuchz

パキスタン・イスラマバードにある結核患者の施設に子供をつれてきた母親。結核は未だに毎年40万人の子供の命を奪っています。

Imgur/Flamuchz

この少年の名はハロルド・ウィットルス。初めて補聴器によって音を聞いた瞬間に撮影された一枚です。

Imgur/Flamuchz

14歳の時に結婚した夫の家庭内暴力に耐えかねて逃げ出したのが「イスラム的ではない」ので、報復として夫に鼻と耳を削ぎ落とされたビビ・アイシャ。血の海の中で倒れているのを女性の福祉団体に助け出され、ひっそりと暮らしているところをアメリカのジャーナリストに見出されて雑誌の表紙になりました。撮影当時、彼女は18歳でした。

Imgur/Flamuchz

いかがでしたでしょうか?文字での解説はいらない、写真そのものが語るはずです。これらの写真は多くのことを物語っています。

コメント

おすすめの記事