ダウン症のスタッフを「のろま!」と罵った客に対し、スーパーがとった格好良すぎる対応。

ある学生が、寮近くのスーパーに買い物に行きました。そこではいつもダウン症の男性がレジを通った商品を袋につめる仕事をしています。彼女はいつものように買い物を済ませてレジに向かいましたが、その日はとんでもないことに巻き込まれてしまったようです。そのときの様子を次のように説明してます。

「(私が利用しているスーパーでは、障害を持った優しそうお兄さんが袋に商品をいつも詰めてくれる。今日も彼が私が買ったものを袋に入れてくれているところだった。)

袋詰めのお兄さん:『これで、いいですか?』

(そう言って彼が持ち上げた私のキャンバスバッグには、穴があいていた。)

私:『あ、別の袋があるからそっちにしてください。ありがとう』

私の後ろに並んだの女性:『はやくしてよね!』

私:『お金も払い終わってますし、もうすぐ終わるから』

後ろの女性:『あら、あなたもこの男性みたいに頭が遅いのかしら?あなたたちのような特殊な人たちは、普通の人と関わらないでほしいわ』

袋詰めのお兄さん:『(少し気分を悪くした様子で)奥さま、彼女の頭は悪くないですよ。この人は大学に通っています。(そう言うと、私が着ていた大学のロゴが入った私のスウェットパンツを指差して)すごく頭がいいんですよ、この人』

私:『彼もここでは一番袋詰めが上手なスタッフなんですよ。とても丁寧なんです。丁寧なのは商品を扱う時に大切ですよね』

(私の買い物は袋にきれいに詰めらた。彼は私が寮に歩いて帰るのを知っていたから、そのまま袋を持ち上げて肩にかけるのを手伝ってくれた。)

後ろの女性:『なによ、車まで運んであげたらどうなの?ひどいわね、ここのスーパーのマネージャーに直接文句を言ってやりたいわ』

私:『おばさん、私はすぐそこに住んでいて、いつも歩いて帰るからいつもこういう風にしてもらってるの。マネージャーにいったい何ていうつもり?このスタッフは私が必要してないサービスを怠りました、とか?」

袋詰めのお兄さん:『(私に向かって)今日もよい一日を!』

(すると、ここまで一言も口にしていなかったレジの人が落ち着いた様子で私の後ろにいた女性を見つめてこう言った。)

レジの人:『大切な従業員だけでなく、常連のお客様にまで向けられた差別的な発言に対して、スーパーはあなたに対するサービスを拒否します。このまま商品ここに置いて出て行ってください。後で私どもが棚に戻しておきますので』

(これにブチ切れた女性は、大人しく引き下がることはなく、なんと暴れだしてしまった。彼女が力ずくで従業員取り押さえられている間、私や他の客たちをタバコカウンターの後ろまで避難させてくれたのは、袋詰めのお兄さんだった。結局、警察が来るまでそこで待つことになった。)

袋詰めのお兄さん『(心配そうな様子で)来週もまたきてくれますか?』

(もちろん!彼の笑顔を見れてその日はずっとハッピーだった。)」

その日、何が女性をイライラさせてしまったのかは分かりませんが、差別は醜い行為です。毎日スーパーの袋詰めの作業をする彼がこのような客をいつも相手にしているのかと考えると、心が痛むと同時に、心から尊敬せずにはいられません。スーパーの従業員たちは、彼の本当の良さを理解してくれているようですね。

コメント

おすすめの記事