【ハゲるべきか、勃つべきか】髪を守る為に男性機能を犠牲にしたモデル。が、その後起こる究極の奇跡に、拍手を送らずにいられない。

人間誰でも、若々しくありたいもの。自分の美貌を商売道具にするモデルであれば、その悩みはひとしおです。 今回紹介する物語の主人公は、オランダ出身のモデル、ヨルゴス・ツェティス。絵に描いたようなイケメンの彼の髪の毛が抜け始めたのは、アルマーニ、ヴェルサーチ、イヴ・サン=ローランなどの超一流ブランドのモデルを務め、ロンドン、ニューヨーク、イタリアを飛び回っていた21歳の頃でした。 

Twitter/ umajaspe

言うまでもなく、容貌が命のモデルにとって、髪を失うことはキャリアを失うことを意味します。ハゲあがるわけにはいかない…悩んだ末、抜け毛を抑えるプロペシアを服用し始めるのです。

flickr / naturegeak

しかし、副作用は思っていたよりもずっと深刻なものでした。ヨルゴスが髪を守るために犠牲にしたもの、それはセックスでした。プロペシアにより男性ホルモンが抑制されたために、ヨルゴスの男性機能は減退し、夜の営みができなくなり恋人を失ってしまいます。

「男としての自信を完全に失ってしまったんだ。僕はいつも前向きな人間だけど、あの時ばかりはどうにもできなかった」ヨルゴスはそう述懐します。そんな失意のどん底の中、ヨルゴスはなんとかモデルとしての活動と、オランダの大学でのエンジニアリングの勉強を続けます。

ヨルゴスは、モデルとしてのキャリアをつなぐために、実に6年もの間セックスなしで過ごすことになります。フサフサの髪を取り戻したものの、心にぽっかりと空いた穴を埋める術を、ヨルゴスは知りませんでした。そんなある日、ヨルゴスがアンチエイジングのためのシャンプー会社を経営するローランド・ペラルタと出会うことになったのは、必然だったのかもしれません。

facebook / Nutrafol

意気投合した2人は、アメリカで共同でNutrafolと言う育毛を助ける成分を含んだビタミンサプリメントの開発に着手します。ヨルゴスが大学でエンジニアリングを学んでいたことが、ここで大いに活かされることになります。3年もの歳月をかけリサーチを重ね、様々な医療関係の会社とパートナーシップを結ぶことで、ついに製品は世に放たれます。 

facebook / Nutrafol

現在Nutrafolは、ヘアサロンやモデルのエージェンシーで売られており、多くのモデルの髪とキャリアを救っていると言われています。もちろん、男性機能を減退させることはありません。その上、女性からも支持を受けているんです!

facebook / Nutrafol

ヨルゴスは「人生はゲームである」と言います。人生がスムーズに行くことは決してない。問題、裏切り、挫折、喪失…それらは不可避で、私たちのできることは、それらから学びを得ることだ。そしてそれを乗り越える美しい旅を、人生と呼ぶんだ、と。

instagram / giorgostsetis

苦難の末ビジネスを成功させ、多くの人の髪を救ったヨルゴス。彼の物語は、苦難というものは妨げになるどころか、成功への道しるべになると言うことを教えてくれます。これからもその美貌と起業家精神で、世の中を魅了していくでしょう。

ちなみにヨルゴスの今のセックスライフは?
「これ以上ないくらい、イイ感じ」、だそうです。

コメント

おすすめの記事