鳴き声に気づいた7歳の少女によってゴミから助け出された瀕死の子猫

この傷ついた子猫は、イスタンブールの人通りの多い路地に置かれたゴミ箱の中で、弱々しく鳴き声をあげていました。

Youtube/Viktor Larkhill

いつからそこにいたかは分かりません。イスタンブールの人口は14oo万人。人通りの多いこの路地の喧騒にか弱い鳴き声は搔き消され、一人としてこの子猫の存在に気づかなかったのです。

Youtube/Viktor Larkhill

子猫を発見したのは7歳の女の子でした。ごみための中から聞こえてくる鳴き声を辿ると、そこには傷だらけでぼろきれのような子猫が懸命に声を上げていました。

Youtube/Viktor Larkhill

女の子は子猫を拾い上げ、父の元へと急ぎました。医者の父ならこの子を助けることができるかもしれないと考えたのです。

Youtube/Viktor Larkhill

父は獣医ではありませんでした。しかし、病院では、父と一緒に働く看護師がこの小さな動物の患者の手当をしてくれました。子猫の顔は蛆に蝕まれ、体には大量のノミがわいていました。

Youtube/Viktor Larkhill

さらに、片耳を失い、口の一部を失っていました。きっと他の野良猫か野良犬にやられたのでしょう。

Youtube/Viktor Larkhill

しかし、病院のスタッフによる献身的な看護と、女の子の愛情をたっぷり受けながら、子猫は少しずつ元気を取り戻していきました。その後、女の子は子猫をギュリュムザーと名付けました。「常に微笑む」という意味だそうです。

Youtube/Viktor Larkhill

保護されてから2週間後には毛並みが戻り、その回復の速さには皆が驚きました。

Youtube/Viktor Larkhill

ギュリュムザーは、女の子の飼い猫となりました。女の子が家にいるときは片時も彼女の側を離れないそうです。

Youtube/Viktor Larkhill

あの日、女の子が鳴き声に気づかなければギュリュムザーは路地の隅で悲しい死を遂げていたに違いありません。本当に良かった!

Youtube/Viktor Larkhill

心優しい動物思いの7歳に女の子に助けられた子猫は、今は元気に暮らしています。

コメント

おすすめの記事