4歳の義理の息子に感動的な誓いを立てる花嫁

軍に勤務しているエミリー・リーハンとジョシュ・ニュービルが結婚を決意したとき、2人はジョシュの4歳になる連れ子のゲージをリングベアラー(結婚式で指輪を運ぶ子供)に指名しました。 そして式の当日、祭壇に上がった3人が顔を合わせたとき、エミリーはもうすぐ息子になるゲージに特別な誓いの言葉を贈りました。 

「私はあなたが、健やかに成長すること、一生懸命努力すること、そして良き人間となることを願っています」

花嫁がゲージに向かってそう告げると、まだ幼い少年は涙を流し、彼女の首に抱き付いてウェディングドレスに顔をうずめました。エミリーもまた涙を流しながら、こう続けます。

Youtube/Videos-treasure

「この先、私とあなたは衝突することもあるかもしれません。でも、あなたが将来成長して大人の男性になったとき、あなたはきっと私が伝えたかったことに気づいてくれるはずです。私があなたに対してしたことは、すべてあなたのことを想うがこそであり、私が常にあなたのことを愛しているということをわかってくれるはずです。あなたは特別な男の子です。とても賢く、カッコよくて、周りに優しくすることができます。あなたがいたからこそ、私は今日の日を迎えることができました。私はまだあなたに人生の贈り物をあげることができていないかもしれないけれど、あなたは私にとても大切なものをくれました」

この感動の瞬間はこちらの動画で観ることができます。(英語音声のみ)

とても感動的なスピーチですね。新たにママとなるエミリーの言葉を聞きながら、ゲージは泣きじゃくっていました。思いのこもったエミリーの文章に、会場に集まった人々全員が感動の涙を抑えることができなかったと言います。もちろんエミリーはゲージの実の母親ではないかもしれませんが、父親のジョシュと共に愛のあふれる素晴らしい家庭を築いていってくれることでしょう。

出典

People.com

コメント

おすすめの記事