85年間続く結婚、家族の大きさは約300人

キリスト教の結婚式では「死がふたりを分かつまで」と誓いますが、数年後に離婚というケースももちろん少なくありません。

しかし、メキシコのビージャ・デル・カルボンという小さい村に住むファウスティノ・ハシントとエステファニア・ロドリゲスの二人は、結婚した日の誓いを今でも堅く守り続けています。

YouTube/ Primer Impacto

ファウスティノはエステファニアと初めて出会ったとき、彼女に一目惚れしました。しかし、何とかしてエステファニアの気を引こうと頑張ったものの、彼女の反応は冷たいものだったといいます。

「話し始めてすぐ、嫁に来て欲しいと伝えました。でも答えてくれなかった」ファウスティノは言います。

「彼のことは知らなかったから」とエステファニア。

しかしファウスティノは諦めず、1週間後、エステファニアを見事「盗む」ことに成功したそうです。メキシコでは駆け落ちのことを「盗む」と表現するそうです。1932年、ファウスティノは18歳、エステファニアは16歳でした。

YouTube/ Primer Impacto

メキシコでは教会で結婚するのが一般的でしたが、普通でしたが、お金のなかった二人は宗教上の儀式はせず、役場に結婚したことを届けただけでした。

結婚してからというもの、今まで一晩として別々に夜を明かしたことがないそうです。85年間ずっと、二人は毎晩一緒に寝ています。

YouTube/ Primer Impacto

二人には15人の子供達がいます。四人はすでに亡くなってしまいましたが、家族の数は増え続け、今では孫が68人、ひ孫が114人、玄孫が21人います。ファウスティノはもうすぐ103歳、エステファニアは101歳です。高齢にもかかわらず二人はいたって健康で、二人の関係もいたって良好だといいます。

エステファニア曰く、長く良い関係を保つ秘訣は相手に対する尊敬心だと言います。「ファウスティノが私に対して、悪い言葉などを使ったことなど一度もありません」エステファニアは説明します。

YouTube/ Primer Impacto

何とも素敵なカップルです。まるでおとぎ話の続きの話が現実になっているようですね。こちらのビデオは、数年前の二人の様子です。

健康の秘訣も学び取っておきたいですね。ちなみに、メキシコの「フリホーレス」は煮たりペースト状にした豆料理のことです。

コメント

おすすめの記事