【恐怖体験】プロカメラマンに250ドルを払い写真を撮ってもらった家族。仕上がった写真を見て、背筋が凍りつくと同時に腹筋崩壊した。

今、Facebook上で、あるおぞましい写真が話題になっています。

百聞は一見にしかず、まずはこちらをご覧ください。

 

(注意!そのあまりの恐ろしさに、トラウマを通り越して大爆笑してしまう恐れがあるため、自己責任でお願いします。)

Facebook/Pam Dave Zaring

Facebook/Pam Dave Zaring

Facebook/Pam Dave Zaring

一体どういうことなんだ!

この悲劇が降りかかったのは、アメリカ・ミズーリ州に住むザーリング一家です。
Facebookユーザーのパム・デイブ・ザーリングさんは、1月12日、こんな内容の投稿をしています。
「オーケー、これはジョークじゃないのよ。自称プロのカメラマンに、250ドルくらい払って家族写真を撮ってもらったの。仕上がった写真がこれ…。カメラマンが言うには、よく晴れた美しい日だったから、顔に影が強く出すぎちゃったって。彼女の先生は、写真のレタッチの方法を教えてくれなかったらしいわ」

Facebook/Pam Dave Zaring

Facebook/Pam Dave Zaring

Facebook/Pam Dave Zaring

この写真は40万回以上シェアされており、Facebookユーザーたちは「こんなに笑ったのは久しぶり」「これはバイラルになる予感」など、好意的に受け止めているようです。

ザーリングさんも、この写真に対して怒りを感じている訳ではなく、ただただ笑いを禁じ得なかったようです。

いかがでしたか?とんでもない悲劇(?)に見舞われても、ポジティブに笑いへと昇華させたザーリングさんは素敵ですね。このカメラマンが、レタッチの技術を磨いて、晴れの日でも美しい写真が撮れるようになることを願うばかりです。

コメント

おすすめの記事