3回の妊娠が全て双子だったアンビリーバボーなイギリス人ママ

スコットランドのラングバンク、カレン・ロジャーと夫のコリンは16年前に双子の男の子を授かりました。 その時に生まれたルイスとカールは、2人の自慢の息子達です!

その2年後、カレンは再び妊娠します。信じられないことに、それはまたしても双子の男の子でした。こうして家族は一気に6人家族に。こちらが2組目の双子の片方、スコット・フィンです。

そしてもう片方のジュードは、一番右のストライプを着た男の子です。4人はすくすくと育っていきました。歩けるようになると、男の子4人はそのわんぱく振りを発揮し、カレンとコリンは0年ほど休む暇もなかったといいます。

12年後、カレンとは懲りずにまた子どもが欲しくなりました。コリンと相談し、2人は家族をさらに大きくすることを決断しました。医師によれば、カレンがふたたび双子を生む確率は実に500,000分の1とのことでした。

そしてカレンは、妊娠。しかし、6週間目の超音波検査でとんでもないことが発覚します。なんとまたしても双子だというのです!「ありえない」と全員が声をそろえたそうです。

男の子の名前を用意し待っていたカレンとコリンでしたが、出産当日にこれまたビックリ。帝王切開で生まれてきた双子は、初めての女の子でした。

Twitter/eayazali

妹ができたことに、ルイス、カイル、フィン、ジュードも大喜びしたそうです。双子の女の子はそれぞれ、ローワンとイスラと名付けられました。子どもたちの集合写真を見ると、似ているのは、双子同士よりも双子の片方同士といった感じですね。

子ども達に囲まれて幸せそうなカレンは、たった3回の妊娠で6人もの子ども達を授かったアンビリーバボーなママなのです。

3回の妊娠で8人家族になってしまったとは、驚きです!

コメント

おすすめの記事