障害を理由に親に捨てられた17歳の少年、テレビで感動的なパフォーマンスを披露する

エマニュエル・ケリーは、戦争の混乱のさなかイラクで生まれた少年です。彼と弟は手足の発達が未熟のまま生まれ、そのまま母親の手によって段ボールの中に捨てられてしまったという過去を持っています。赤ん坊のエマニュエルと彼の兄は女性僧に発見され、現地の孤児院に収容されました。それから4年後、モイラ・ケリーというオーストラリア人の女性がここを訪れ、彼らと出会いました。2人に適切な治療を与えるべくオーストラリアへと連れて帰ることを決めたモイラは、やがて彼らに愛情を感じるようになり、そのまま養子として迎え入れることを決断します。エマニュエルは愛情を受けて育ち、温かい心を持った17歳の明るい青年に成長しました。

そんなエマニュエルには一つ優れた才能があります。歌がとてもうまいのです!オーストラリアのオーディション番組「X-Factor」に登場した彼は、ジョン・レノンの『イマジン』を熱唱します。その声に、審査員も会場も圧倒されてしまいます。

彼の歌声に皆が涙を流しています。新たな人生を与えられたこの少年は、その才能で世界を驚かせました。

コメント

おすすめの記事