酔っ払っていた女性、自分は賢いと思っていた。しかし、翌朝の夫の話に心底驚くことになる。

 ある女性が、長いこと会っていなかった親友と久しぶりに飲みにいきました。夫には夜中の12時までには戻ると伝えていましたが、結局、自宅に戻ったのは午前3時近く。 女性は完全に酔っ払っていました。

 アパートに入ると、鳩時計が3回「ポッポー」と鳴きました。夫が今起きてしまったら、自分が遅くに帰ってきたことがバレてしまう。女性はうろたえましたが、すぐに賢いアイディアを思いつき、もう9回「ポッポー」と自分で鳴いたのです。

 こうすれば夫は12時だと思うだろう。満足した女性は、ふらつきながら寝室へと向かいました。

 翌朝、女性は夫に昨晩は何時に戻ったのかを聞かれます。

「約束通り12時よ」女性は答えました。

 夫がそれ以上何も聞いてこないので、この件は一件落着したと女性は安心します。

 ところが、しばらくして夫がつぶやきました。

「ところでさ、この時計、壊れてると思うんだ」

「どうして?」不安げに女性が尋ねます。

「昨日の夜、鳩はいつも通り3回鳴いたんだけど、そしたら突然『くそ!』って言って4回余分に鳴いたんだ。それから笑い始めたかと思うと、さらにもう一回鳴いて、階段を駆け上がってトイレのカーペットにつまずいて、その勢いでゲロを吐いたみたいなんだ。そこでさらに3回鳴いていた。しばらくしたら、ベッドに入ってきて最後にそこで1回鳴いたんだよ。『ポッポー』ってね。時計屋に行って修理を頼んできてよ、この酔っぱらい」

Facebook/Katsuhiko Komeie

コメント

おすすめの記事