姪を初めて抱っこするダウン症の男性を見て家族は驚いた。

アメリカ・カリフォルニア州に住むケビンとカイラ・トゥループは、昨年2人目の子を授かりました。 娘の誕生に幸せを噛みしめるトゥループ夫妻。しかし、ケビンの両親と弟のダニエルはニューギニアへ家族旅行に行っていたため、生まれたばかりのケビンの娘、メイセン=エヴァがみんなと対面するのは数ヶ月先となりました。

3ヶ月後、カリフォルニアに帰ってきたケビンの両親とダニエル、そしてトゥループ夫妻と長男、そして新生児が一堂に会します。旅行の話や赤ちゃんの話で盛り上がりますが、1人だけ浮かない顔をしていたのは今年で20歳になるダニエル。彼はダウン症を抱えていました。

ケビンはその日を振り返ってこう語ります。「弟はあの日、大人の会話についてこれなかった。話に入れてもらえないのは、ダニエルとって非常に辛い事なんだ。ダニエルが10分間の間に8回もハグをせがんできた時、話に混ぜてもらいたいんだと気づきました」

ダニエルは明るく優しくて、どんな小さなことにも幸せを見出す能力に長けた人です。年齢的には大人ですが、多くの人は今でも完全にダニエルを子供として見ていて彼の言っていることを真剣に取り合ってくれません。信頼されていないという事実がダニエルの心を傷つけていました。

でも生まれた時からダニエルを見てきたケビンには、彼がどれだけ信頼のおける人間かわかっていました。「ダニエルに赤ん坊を抱いてもらうことにしたんです。そしてこの写真は5分もの間ピクリともせず、娘を大事そうに抱える弟の様子を捉えたものです」

reddit / Guinean

思いがけぬケビンとカイラの申し出に始めは驚いた様子のダニエルでしたが、赤ん坊を抱えた途端、リラックスした様子に。「本当に優しく娘を抱いていたんです。静かで、まるで瞑想中のようでした。」
弟はきっと赤ん坊を抱っこしたくて仕方ないだろう、ケビンは知っていました。でも赤ん坊をもつ親の多くは、ダニエルが赤ん坊をどう扱うか心配して子供を抱かせようとしないため、これまで赤ちゃんを抱いたことがほとんどなかったのです。

可愛い姪っ子をその腕の中に1度抱いてみたかったダニエル。ケビンの弟を思う気持ちとダニエルの優しそうな眼差しに感動した方は是非この記事をシェアしてください!

コメント

おすすめの記事