普通のワンコに見えますよね?口をよく見てください。信じられない!

動物のお医者さんは知ってるけど、動物の歯医者さんてあまり聞いたことありませんよね?

こちらはモリー・ムーアと愛犬のウェズリーです。ゴールデンレトリバーのウェズリーはこの写真が撮られた時点でまだ6か月の子犬。食べるのとオモチャで遊ぶのに夢中の毎日です!

しかしモリーはあるとき、ウェズリーが元気がないことに気がつきました。食欲も減り、体重が減り始めてしまったウェズリーは、遊んでいる時も口をちゃんと閉じることができずにオモチャを口から落としてしまうのです。

口の中が痛いのか?心配になったモリーは父のジェームズに相談しました。

ラッキーなことにモリーの父は獣医で、しかも歯科が専門。そして診断の結果ウェズリーの口の痛みの原因が歯並びにあることが分かります。

そしてウェズリーは犬用の矯正装置をつけてもらうことになったのです!

ウェズリーの歯は何らかの原因で発育に異常をきたし、噛み合わせが悪くなってしまっていたのです。しかし、この何とも可愛らしい矯正装置を見た多くの人に治療ではなく、きれいな歯並びの為につけさせていると勘違されてしまいました。犬の矯正装置があること自体、信じてもらえないこともありました。

ウェズリーの場合もう今週には装置が外せるそうです。早いですね!前のように口の痛みを気にせず、食べたり遊んだりすることができます。

ムーア先生が犬に矯正装置をつけるのは年間4匹ほどで、非常に珍しいことだそうです。 犬の歯の矯正なんて初めて聞きました。歯並びを直すのはやっぱ若いうちが良いらしいですね。あなたも何とも不思議でキュートなワンコの矯正に驚いたなら、シェアしてください!獣医学の発展に驚きです。

コメント

おすすめの記事