顔の手術を経て、再び笑顔を取り戻した犬

アメリカ・テキサス州で当てもなく街をさまよっているある犬が保護されました。犬は鼻の半分を失っていて口は裂けて開いていました。 歯が見えていたため危険そうにもに見えましたが、犬は途方にくれた様子で辺りをウロウロしているだけだったのです。

犬を一次的に保護した男性は、犬が「ビャルニ」という名前で、捨て犬ではなく飼い主の元から逃げ出してきたようだということを突き止めました。しかし男性が飼い主に連絡を取ると、外見が悪いのでその犬はもういらないという信じられない答えが返ってきたのです。犬の顔の傷は、他の犬との喧嘩が原因だと考えられています。男性はこの飼い主の態度に怒りを覚え、仕方なくビャルニを身寄りのない犬の保護シェルターに連れて行くことにしました。

ビャルニは動物保護団体「セントフランソワーズ・エンジェルズ」に保護されました。設立者であるアン・グラバーは、ビャルニが傷のせいで呼吸がうまくできず、うまく食べることもできないということに気づきます。それでも人懐っこくスキンシップが好きなビャルニは、すぐにシェルターのボランティアスタッフたちの人気者になります。

その後、ビャルニは顔の手術を受けることになりました。手術費用は団体が捻出しました。

手術前の最後の一息。これで苦しい呼吸も最後です。手術では皮膚の移植と鼻を整形手術が行われました。

目が覚めるとビャルニは驚いた様子で目をパチクリさせていたそうです。突然、匂いを嗅いだり、舐めたり、食べたりできるようになったことに驚いているようでした。しばらくの間は保護カラーをつけての生活でしたが、息苦しさからも解放され、明るい表情をしています。

手術の腫れも引くとビャルニはこの通り、すっかりハンサムに!

やがてビャルニが安心して暮らせる家も見つかりました。ビャルニ現在、新しい飼い主のもとで愛嬌を振りまきながら元気に暮らしているそうです。

辛い経験をしてきたビャルニですが、新しい家族が見つかってよかったですね。

元気でね、ビャルニ!

コメント

おすすめの記事