この女性の言い分に離婚調停員の気が狂いそうになる

離婚、誰もができれば避けて通りたい人生の難所です。ある調停員が当事者の女性に事情を聞いています。 普段は冷静な調停員の頭がショートしそうになったという、この女性の言い分とは。

Pixabay

離婚調停員が女性に尋ねます。

調停員「あなたの動機について伺えますか?」

女性「同期ですか?会社の同期とは今も連絡を取り合っています。だいたい結婚しましたね」

調停員「…。別の質問です。別居生活はいかがですか?」 

女性「いえ、結構です」

調停員「…。」

これは面倒くさいことになりそうだ、裁判官は気づき始めましたがそれでも質問を続けます。

調停員「ご主人に関してストレートにお伺いします。女性の気配はありましたか?」

女性「気配ですか?確かに色白でもっちりしてて、確かにちょっと可愛らしい顔してますけど、私は感じませんでしたけど。あらいやだ、もしかしてみなさんそういう風に思っていたのかしら」

調停員「…。別のことをお伺いしますね。ご主人と一致しないと思うのはどのような点ですか?」

女性「そうですね、夫は靴下をひっくり返して畳むんです。私、あれだけは嫌ですね」

ストレスで高鳴る鼓動を感じながら、調停員は質問します。

調停員「ご主人に攻撃的な面はありますか?」

女性「ありますよ、数え切れないほど。私ったらどうしてもマリオカートで主人に勝てないんです。なんどやってもコテンパンです」

調停員「わかりました、ではなぜ離婚したいと思うのですか?」

女性「いえ、私は離婚したくないんですよ。離婚したいのは夫なんです。私とは話が通じないからって」

Pixabay

離婚は大変です。この場合、この調停員が一番大変な目に遭ったようです。

コメント

おすすめの記事