VHSデータをデジタル化してパソコンへ取り込む簡単な方法

VHSのビデオテープや8mmテープ、まだたくさん持っているという家庭も多いかと思います。 見終わったあとにテープを最初まで巻き戻していた時代を覚えているでしょうか。現在は再生デッキの生産も減り、見る機会も減りました。

古い映画やドラマ、ホームビデオなどが録画されたVHSや8mmテープは、デジタル化しておけばパソコンやスマホで簡単に見れるようになります。テープの劣化で見れなくなってしまう前に、これから紹介する方法をぜひ試してみてください。

VHS collection

ある便利なツールを使って、アナログデータをデジタル化してパソコンへ簡単に取り込む方法をご紹介します。

Irish Family VHS Collection

使うもの: 

  • パソコン
  • USB接続ビデオキャプチャーユニット (*付属ソフト/USB/コンポジット端子/S端子)
  • デジタル化したいアナログテープ
  • 再生デッキ (ない場合は、業者からレンタルすることもできます)

*対応OSを確認するように

やり方: 

まずは、ビデオキャプチャ付属のソフト(CD/DVD-ROM)をパソコンにインストールします。画面の指示に従えば、設定は簡単に完了します。ソフトのインストール後、ビデオテープを再生デッキに入れ、デッキとパソコンをビデオキャプチャケーブルで接続します。パソコンにUSBを差し込み、コンポジット端子をデッキに、赤は赤、白は白、黄は黄という風につなげていきましょう。

Youtube /Becky Marie Laurel Ali

パソコンの簡単な操作で、ビデオを再生すると同時に録画・デジタル化がスタートします。事前に保存先のファイルなどを作っておきましょう。 

Youtube /Becky Marie Laurel Ali

ビデオキャプチャのソフトによっては、自動的にチャプターを作ってくれるものや簡単編集機能がついているものもあります。長時間のビデオでも、見たいところから再生できるようになります。

Youtube /Becky Marie Laurel Ali

その後、デジタルデータをDVDに書き込んだり、スマホなどの端末に保存することも可能です。 

Youtube /Becky Marie Laurel Ali

こちらの動画では、ビデオキャブチャーを使ってVHSのアナログデータをデジタルファイルに変換する方法が紹介されています。(英語音声のみ) 

こちらはビデオキャプチャー「GV-USB2/HQ」を紹介した動画です。(日本語)

ビデオテープに録画された映像の再生時間はなかなか縮めることはできないので、それなりの時間はかかりますが、これで劣化の心配もありません。思い出もスッキリ保存することができますね!

コメント

おすすめの記事