昔の怖い写真20選

自宅の書庫や戸棚の奥深くに眠る古い写真を掘り返してみるのはなかなか興味深いもの。子供時代や青春時代の記憶が蘇ったり、はたまた遠い昔、若かりし日の祖父母の写真が出てきたり、古い写真は私たちをセンチメンタルで懐かしい過去へと誘ってくれます。

しかし、遠い昔、20世紀初頭、或いは写真が発明されて間もない19世紀に撮影された古写真の中にはかなり不気味な写真もあるのです。そのほとんどは当時の慣習に従って撮影した結果、意図せず非常に奇妙な印象を現代に残すことになったものが多いそうです。しかし中にはなぜ当時の人々がそのような構図で写真を撮影していたのか不明なものもあります。

1. 赤ちゃんのマスクを付けて寝間着姿の大人。不気味で怖い写真。

Imgur

2. まったく撮影背景が不明の写真。見るだけで悪夢にうなされそう。

Imgur

3. 一見、ちょっと怖い写真。実は、スコットランド初の写真スタジオで1843年に撮影技師ロバート・アダムソンによって撮影された歴史的に価値のある写真だとか。

Imgur

4. 昔の写真撮影は露光に数秒かかるため、じっと静止していなければいけませんでした。レンズの前でうっかり気を取られてしまった子供達の顔はホラー映画のよう。

Imgur

5. 動かずじっとしているよう言いつけ通りに写真撮影できた子供達も...ちょっぴりオカルト風に。

Imgur

6. お化けではありません。布地を被った母親です。当時、背景の母親を隠すことが幼い子供を落ち着かせ、長い撮影時間を乗り切るための定番の対応策だったそう。

Imgur

7. 1903年のカーニバルでの一枚。衣装とマスクの組み合わせはむしろハロウィンの仮装みたい...

Imgur

8. 降霊術?ときには何を写したのか背景を知りたくないような写真も。

Imgur

9. 腹話術師と人形。

Imgur

10. 怪しげな儀式のようですが、実はスペインで1940年に撮影されたイースターの行進。この衣装は現在もイースターの一週間前の「聖週間」期間中に着用されているそう。

Imgur

11. ガスマスク婚

Imgur

12. 亡くなった家族と最後の記念写真を撮ることも当時の風習でした。

Imgur

13.  夢の国のキャラクターと燃える車、シュールすぎるハロウィンの光景

Imgur

14. 医療目的のための死体の解剖はアメリカでは長年禁止されており、1880年代になってようやく認められました。医者の卵である医学生にとって解剖は重大な通過儀礼そのものでした。こちらのゾッとする写真のように、解剖用の遺体と医師が立場を交代したおどろおどろしい写真が多くの医学校に飾られていたそうです。

Imgur

15. ハロウィン仮装。

Imgur

16. 爆発を背景にパチリ

Imgur

17. 子供向けテレビにはちょっと...な腹話術コンビ

 

Imgur

18. 何を競っているの?当時のごく普通の美人コンテスト

Imgur

19. 「良い1日を!」

Imgur

20. ガスマスク集団

Imgur

ちょっぴり背筋が寒くなるような不気味な写真の数々、怖いのに興味深い不思議な世界についつい見入ってしまいます。

コメント

おすすめの記事