93歳の女性を車に乗せた男性、思いもよらない一日を過ごす

アメリカ・ウエストバージニア州東部の街マーティンズバーグに住むこのドライバーは、ある日素敵な出来事に遭遇しました。 それは、彼のちょっとした親切心がもたらしたものでした。

ある朝、1人の女性が路上を歩いているのを見かけた彼は、なんとなく様子が気になって車を止めました。

女性はかなりの高齢で、男性は心配になったのです。女性に車を寄せてウインドウを下げ、大丈夫ですかと尋ねたところ、女性は隣町のヘッジズビルまで買い物に行く途中だと彼に言いました。

「びっくりしました。だってそこからヘッジズビルまでは車でも10分はかかる距離なんですから」男性は言います。

女性は、ヘッジズビル出身であること、息子が亡くなったあと知り合いが1人もいないマーティンズバーグに移されたのだと涙をこらえながら説明しました。

かわいそうに思ったドライバーの男性は、車に乗るよう女性に言いました。

「女性ははっきり状況がよくわかっていないようだったので、行きたいところどこへでも安全に送ってあげますよと伝えました」

この女性を車に乗せてあげたおかげで、彼は予想もしていなかった素敵な一日を過ごすことになります。

男性はまず、女性の名前がイザベルで93歳のネイティブアメリカン(アメリカの先住民族)だということを知りました。そしてイザベルは彼に、たった13歳のときにした最初の結婚のこと、5人の夫たち、そして生まれ育った山々のことを教えてくれました。

「彼女はとてつもなく元気で、ユーモアのセンスも抜群でした」男性は振り返ります。

イザベルが波乱に富んだ人生話があまりにも興味深かったため、ヘッジズビルへの道のりはまったく時間を感じなかったといいます。お店の前で彼女を待っていた彼は、彼女がインスタントコーヒーの瓶を1つのみを抱えて戻ってきたのにも驚きました。帰り道、イザベルは自分の住所を忘れてしまいました。

「私どこに住んでいたか知ってる?」

困惑して尋ねるイザベルに、男性は微笑んで答えたそうです。

「いいえ、でもこのままゆっくり運転していれば、そのうち思い出すかもしれませんよ」

家を探す間、イザベルは再び昔話を再開します。12歳のとき、農場で働いていたことや果樹園で初恋の人に出会ったこと、当時は“赤い人種”との恋愛は禁じられていたので、その恋は実らなかったことなどなど。

ようやく家を見つけ、車を降りたイザベルは送ってくれた男性をもう一度振り返りこう言いました。

「あなたがどこから来たのか知らないけど、お礼を言いたいわ。ありがとう」

ドライバーの男性は心動かされ、イザベルに名刺を渡して助けが必要なときはいつでも電話するようにと伝えました。

「イザベルからはおそらく連絡は来ないでしょう。きっともう会うことはないかもしれません。でも私は、彼女の人生の物語を追体験するような素晴らしい小さな冒険をさせてもらいました。イザベルがこれからも元気でいてくれることを願っています。そして今日私の心を打ったのが彼女の物語と人柄だということを、わかっていてくれたらなと思います」

人生経験を積んできた人々からは多くのことを学ぶことができます。このドライバーの男性のように人を助け、耳を傾けようとする人たちがいるというのは素敵なことですね。

コメント

おすすめの記事