泥から引き上げられた動物、洗浄後ようやくわかったその正体

ロンドン近郊の現場で働く建設作業員は、その日ある泥の中から、汚れすぎてなにかわからない動物を引き上げました。彼はこの衰弱しきった生き物を、近くにあるサウスエセックスワイルドライフ動物病院に連れて行きました。

温かいお湯で洗われて、泥を落とされて初めて動物の正体が判明しました。それは生後4ヶ月の子ギツネだったのです!子ギツネは建設現場付近を探索中に、掘削中の穴の中に落ちてしまい自力で這い上がれなくなっていたのです。作業員に発見されていなければ、子ギツネはその場でおそらく死んでいたことでしょう。

すっかりきれいなって、狐らしい顔立ちが戻ってきました。動物病院のスタッフから「Muddsey(どろんこちゃん)」の愛称で呼ばれているこの子ギツネは、元気に自然に帰れるよう少しの間病院で療養します。

出典

The Dodo

コメント

おすすめの記事