ジョーク: クッキーを盗んだ弁護士

ベーカリーショップに立ち寄った弁護士と建設作業員。弁護士は素早く大きなクッキーを3枚掴むと、ジャケットのポケットに入れました。 販売員の女性は全く気づいていません。

弁護士は作業服姿の建設作業員にこう囁きました。

「俺がどんなに賢いか、分かるか?どうせお前は足元にも及ばないだろ?」

Pixabay

建設作業員は弁護士を見返して言いました。「俺たち作業員は偉そうなホワイトカラーの連中よりも賢いんだ、見てろよ!」

作業員は販売員にこう言いました。「クッキー一枚ください、手品を見せてあげます!」

好奇心に駆られた販売員はクッキーを作業員に渡します。すると彼はあっという間にクッキーを平らげ、そしてこう言いました。「もう一枚、手品用にください」

販売員は半信半疑ではあるものの、まだまだ好奇心に駆られて作業員にもう一枚クッキーを渡しました。すると彼は再びあっという間に平らげ、さらにこう言いました。

「もう一枚、ください」

うんざりした様子の販売員でしたが、好奇心を抑えられず、クッキーを手渡します。彼は3枚目のクッキーを平らげました。 

Pixabay

しびれを切らした販売員は苛立った様子で尋ねました。「で、あなたのくだらない手品はどうなったんですか?」

建設作業員はこう答えます。

「こちらの弁護士のポケットの中を見てください!」

コメント

おすすめの記事