イケアの椅子に睾丸が挟まってしまったノルウェー人の男性

ノルウェー人のフォトグラファー、クラウス・ヨルスタッドはその頃、膝の関節痛に苦しめられていました。 シャワーのときぐらい痛みを気にせずにリラックスしたいと考えた彼は、IKEA(イケア)の定番商品である椅子「MARIUS スツール」を購入し、自宅のシャワーに置きました。早速、腰を下ろした状態でシャワーを始めるクラウス。しかし直後、とんでもない事態が44歳の彼を襲います。

なんとあろうことが、スツールに空いた円形の小さな穴に睾丸がはまって抜けなくなってしまったのです!

「携帯には手が届かなかったし、この状況からどうやって抜け出せばいいか検討もつかなかったよ。」クラウスはIKEA社の公式Facebookページへの投稿でこう説明しています。「いくら頭を絞っても何も出てきやしなかった。大事なアソコを解放しようと何度も、何度も頑張った。でも、うまくいかなかった。そのうち温水が切れてきた。冷水のシャワーはかなりキツかった。いや、マジで冷たかった。」

しかしシャワーがお湯から冷たい水に変わったことで、クラウスは救われることになります。彼のタマがあまりの冷たさに反応して縮こまり、優しい”ポン”という音とともに赤いプラスチックの穴から抜けたのです。

クラウスの体験談が投稿されてから間もなく、そこにIKEAからのコメントがつきました。コメントには、商品にクラウスが不快な思いをしたことに対する謝罪と共に、こんなアドバイスが添えられていました。

「椅子はシャワー内では使用せず、状況に対し適当と思われる衣類に着替えてから椅子に落ち着かれることをお勧めいたします。次回ご購入の際には、可愛らしい花瓶などを立たせるためのインテリアとしてお使い頂ければ幸いです。」

このアドバイスを素直に受け入れ、クラウスはスツールをシャワー室から取り出したそうです。今となっては笑えるいい思い出になったとクラウスは語っています。

出典

Mopo 24

コメント

おすすめの記事