イブの夜、死を宣告された親子が息を吹き返した

4年前のクリスマスイブのこと。ヘルマンストーファー家はその年、子ども達へのプレゼントを買わないことにしていました。 息子たちのオースティンとカーニェンには、代わりに特別なサプライズが用意されていたからです。それは、新しい弟の誕生でした。

父・マイクと母・トレイシーは、クリスマスイブに予定されていた息子の誕生と、その翌日のクリスマスを家族5人で過ごすのを心待ちにしていました。しかし、あんなことが起こるなんて...。

3度目の出産ということもあり、トレイシーはとてもリラックスしていました。陣痛の間隔も正常で、全てが順調に思われました。

しかし部屋に突然、突き刺すような電子音が鳴り響きます。それは、心拍停止を示すアラーム音でした。状況を掴むことができずに混乱するマイクを押しのけ、緊迫した表情の医師達がトレイシーのまわりに集まってきました。

突然の状況に誰もが焦りを隠せない様子でした。医師たちがトレイシーを懸命に蘇生しようとしますが、心拍は戻りません。マイクはその場に立ち尽くすしかありませんでした。

数秒がやがて数分になり、トレイシーの顔から血の気が引き、やがて灰色になっていくのをマイクは見ていました。そして4分が過ぎたとき、担当医がトレイシーの体から手を引いて死亡を宣告します。全てが突然のことで、マイクは目の前で起きたことにまったく反応することができなかったといいます。

そして息つく間も無く、新たな戦いが始まりました。医師達は妻を無くしたばかりのマイクに帝王切開手術を始めることを伝えたのです。

Imgur/HawaiiansnSnakes

機械音が鳴り、その場で手術の準備をする医師たちの声が飛び交います。まわりが慌ただしく動く中、唯一マイクにできたことは医師の報告に対して頷くことだけでした。ショックで口がきけなくなっていたのです。マイクはトレイシーの体にメスが入り、赤ん坊が取り出されるのを見ていました。

部屋には緊迫した空気が流れ、全員が黙って赤ん坊が声を出すのを待ちます。しかし鳴き声は無く沈黙が続きました。残念なことに一歩遅く、赤ん坊はすでに亡くなっていたのです。医師はマイクに息の無い小さな赤ん坊を静かに手渡しました。

マイクは腕の中の息子を見つめながら、呆然と立ち尽くしていました。しかし次の瞬間、信じられないことが起こります。赤ん坊の胸がかすかに上下し始めたのです。すると口が大きく開き、そこから泣き声が出てきました。生きていることをそこにいる全員に証明するかのような、大きな泣き声でした。

wikipedia

奇跡はさらに続きました。

赤ん坊が泣いたことに驚きながらも一安心した医師たちがトレイシーの遺体を運び出す準備を始めたとき、トレイシーの体に繋がれたモニターに突然心拍が表示されたのです。その瞬間、何かの間違えだと誰もが思いましたがトレイシーの心臓は確実に動いていました。初めはゆっくりと乱れながらリズムを刻み、やがて心拍が安定する同時にトレイシーが目を開いたのです。

目覚めた彼女が最初に見たのは医師達の驚いた顔でした。トレイシーが蘇生した理由はわかりませんでしたが、マイクのそのときの喜びは言葉では言い表せないものだったといいます。彼はトレイシーに生まれたばかりの息子を見せにいきました。新しい命はその時、穏やかに眠っていました。

youtube/associatedpress

その日生まれてきた三男は、今も元気に成長しています。あの日トレイシーに起きたこと、息子がどうして目覚めたかは未だに分かっていません。医学的には説明がつかないそうです。この出来事以来、クリスマスイブは家族にとって特別な日となりました。マイクとトレイシーは不思議な力に感謝しているといいます。

ハッピーエンディングで本当に良かった!こちらは、家族のクリスマス奇跡を紹介したニュース番組の動画です。(英語音声のみ)

コメント

おすすめの記事