6120グラムの巨大ベビーの誕生に医師も思わず笑ってしまった

第四子の出産を間近に控えたフロリダ州在住のクリッシー・コービットは、今回の出産が分娩室にひと騒動巻き起すことになるなどと夢にも思いませんでした。

赤ちゃんは予定日よりも一週間早く生まれました。

陣痛が始まったのが予定日よりも早かったものの、出産に適した生産期であり、何の不安要素もありませんでした。しかし、予想を超えて遥かに大きな赤ちゃんであることが判明すると、母体と赤ちゃんの安全のため、医師は帝王切開での出産を決定します。局部麻酔で行われた手術は順調に進んでいるようでしたが、途中、突然医師が吹き出したのです。

一体に何が起こっているのかクリッシーには見ることができませんでしたが、誰かが言うのが聞こえました。

「赤ん坊の体にまったく終わりが見えない。もしかして2人いるの?」

カーレイを腕に抱いたとき、クリッシーは医師たちの笑いを理解します。生まれてきたばかりの娘は、身長55センチ、そしてなんと6120グラムの巨大ベビーだったのです。

夫婦は用意していたベビー服を寄付し、生後9ヶ月のベビー服を改めて買い直さなければならなかったそうです。

「お腹から新生児ではなく、幼児を取り出された気分だった。本当に大きかったわ!」とクリッシー。

予定日に生まれていれば、カーレイは7000グラム近くに成長していたことが予想されました。早く生まれてきてくれて、何よりでしたね!

出典

Daily Mail

コメント

おすすめの記事