70年越しの再会、ナチスドイツの強制収容所でチョコレートが救った命

フランシーヌ・クリストフさんは幼い頃、ベルゲン・ベルゼン強制収容所にいました。彼女は過酷な状況から死を逃れて生還したうちの1人です。フランシーヌさんは収容所での経験を語ります。その昔、小さなチョコレートが1つの命を救いました。


フランシーヌさんが経験した70年越しの再会は、世界中の人々の心を動かしました。

2度と同じことが繰り返されないためにも、聞かなくてはならない話があります。

コメント

おすすめの記事