通行人を震え上がらせたほど無残な状態だった野良犬が瞳に輝きを取り戻す

注意:この記事には衝撃的な画像が含まれています。

ある日、シカゴ南部で散歩をしていた2人は、ゾッとする光景を目の当たりにします。文字通り骨と皮だけになるまで飢え、体中が血まみれの犬がままさまよっていたのです。2人はすぐに警察を呼びました。

犬はすぐに獣医へと搬送されましたが、獣医でさえ言葉を失うほどの無残な姿でした。アウグストゥスと名付けられたこの犬は深刻な栄養失調状態に陥っていただけでなく、後ろ脚には銃で撃たれた跡があり、さらに体のいたるところに薬品による火傷がありました。特に火傷の具合は深刻で、皮膚ごと毛が失われている部分もあります。アウグストゥスは背中に感染症を引き起こしていました。

動物救助協会の一員でもあるトリオ動物財団(TAF)のスタッフは、この犬のあまりの状態に思わず目を背けてしまったと言います。アウグストゥスはただちにTAFの集中治療室へと運ばれました。「アウグストゥスは体内の赤血球レベルが極端に低下しており、輸血を受ける必要がありました」TAFでヘルパーとして働いているメンバーはFacebookページにこう綴っています。

「私たちがこれまで見てきた動物虐待の中でも最悪の例だったと思います。体中に弾痕や火傷、感染症、あざなどがあり、もはや生きているだけで奇跡というほかありませんでした」TAFで獣医を務めるブリジット・ノーランは話します。「しかし、アウグストゥスは決してあきらめることはなく、私たちもあきらめませんでした」アウグストゥスの治療に対して寄付を行った人もこう語っています。

数日後、TAFのメンバーたちはようやく一息つきました。たくさんの人たちの手助けの甲斐があり、アウグストゥスは回復の兆しを見せ始めたからです。アウグストゥスの食欲も戻り始めていました。

想像するのさえ恐ろしい虐待を受けていたアウグストゥスは、それでも生きるために必死で闘い、再び瞳に輝きを取り戻しました。

たまたま散歩中の2人がアウグストゥスを見つけてくれて本当に良かったです。この子も、世の中には決してひどいことをするような人間ばかりでないということを知ることができてたのではないでしょうか。見違えるような表情に安心しました!

コメント

おすすめの記事