ホームレス男性の事情を知り、彼に仕事を与えたカフェ経営者

セシア・アビゲイル・ベアーズは25歳のアメリカ人女性です。若いながらも彼女は、ミネソタ州ミネアポリスでカフェを経営しています。

ある日、カフェに入ってきたホームレスの男性がセシアに小銭を無心してきたとき、セシアは小銭をあげる代わりに彼に驚くべきものを提供しました。そのことについてセシア自身がFacebookで語っていました。

Facebook/Cesi Abi

「ある日、彼がカフェに入ってきてお金を恵んでくれないかと言ってきた。私が彼に『どうして働かないの?私は何もしないでお金を貰えることなんてないわ』と言ったら、彼はこう言った。『前科が多くて、そのせいで誰も雇ってくれないから路上生活をしているんだ。お金は盗むか貰うしか、手に入れる方法を知らないから...』その日、カフェはスタッフが足りなかった。だから彼に『ここで働きたい?あなたができる仕事があるの!』と伝えたら、彼は目をまん丸くして、そして微笑んだ。ステキな笑顔だった。食べる物をもらえるだけでいい、何でもするって彼は言った。それが2週間前。それ以来、彼は毎日2時間のシフトに必ず出ている。仕事は洗い物やゴミ出し。その日の分のお給料を渡すと彼は何をすると思う?私の店で食べ物を買って行くの。気分が良くなるから、って!(彼は必ず代金を払いたがる)

もちろん割り引きしてるわ!!!!今日、誰かに親切にしてあげて。その人がホームレスだからといって過小評価しないで。私たちは、彼らの事情を良く知らないのだから。誰にだってチャンスは与えられるベキだと思う。恵まれている私たちには、他の人を助ける役目があるんじゃない?ネット中こう伝えたい:変化が欲しいなら、変化を作ることから始めればいい。」

Facebook/Cesi Abi

このホームレスの男性の名前はマーカス。マーカスは毎日カフェ働きにきて2時間働きます。給料の一部は必ず、新しい生活にむけて貯金しているのだとか。「私もマークスのように、人に助けられたことがある」セシアは言います。「多くの人の助けがあったからこそ、今ここに立てている。彼らは、私にならできるって信じてくれた。人には信じてくれる人が必要なの」

マーカスも、その人に出会えたようですね。

コメント

おすすめの記事