絢爛豪華に飾り立てられた遺骨

1578年に数千体分の遺骨がローマの地中で発見されました。その当時人々はキリスト教の殉教者が発見されたと思い、埋められていたところからもっときらびやかな場所に移しました。 この「カタコンベの聖者」の発見は宗教改革の時代にちょうど被りました。この時信者の信仰を強めるために驚きの装飾が施されました。

Imgur/lulalilikabaloo

バラバラの骨は体の形にまとめられた上で精密な装飾とともにヨーロッパ中に送られました。衣は最高の生地に宝石や真珠がちりばめられていました。これらの「聖者」は途方もなく贅沢な扱いを受けたのです。

Imgur/lulalilikabaloo

聖なる遺物として使うために色々な聖者として表現されました。嘘といえば嘘なのですが、その素晴らしい装飾は勇気あるキリスト教信者を待ち受ける途方もない死後の世界での富を表していたのです。

Imgur/lulalilikabaloo

遺骨がいわば教会のパブリシティのために使われたのです。それも人気のある聖者として扱われ、人々は200年以上も全く関係のない遺骨に本物だと思いながら祈り続けました。そして19世紀にスキャンダルが起き、多くの「カタコンベの聖者」は破壊されました。

Imgur/lulalilikabaloo

しかしそのうちの幾つかは秘密の部屋や蔵に保たれ守られました。その後大事に保存され2つの大きな戦争も乗り越えます。そして次第に忘れ去られてしまったのです。

Imgur/lulalilikabaloo

この絢爛な装飾は信じられないほど豪華です。

Imgur/lulalilikabaloo

作家でフォトグラファーであるポール・コードウナリスはこの聖人として祀られていた遺骨を探すことに決めました。するとどうでしょう、色々な場所に隠れているではありませんか。70体以上がヨーロッパで見つかりました。ひょっとしたらヨーロッパ以外にも渡っているかもしれませんね。

Imgur/lulalilikabaloo

こちらはドイツのワイアルンで見つかった殉教者聖ウァレリウス。目の装飾がすごいですね。

Imgur/lulalilikabaloo

少し気味が悪いですが時間を感じさせます。忘れ去られた世界への旅です。

Imgur/lulalilikabaloo

間違えられた遺骨の人たちはこのように祭り上げられ、忘れ去られるとは思いもしなかったでしょう。煌びやかな装飾とともに何か深いものを訴えかけて来ます。このディープな世界をシェアしましょう。

コメント

おすすめの記事